web副業のおすすめと収入【毎月10万円稼いでいる僕が解説】

webの副業はどんな仕事があるかな?おすすめの副業案件は何かな?どれくらいweb副業で稼げるのかな?そういった疑問に、web副業で毎月10万円以上稼ぐ僕がおすすめのweb副業を解説していきます。web副業に関心がある方は、IT土日副業のおすすめまとめも同様に読むといいと思います。

web副業のおすすめ案件

web副業をすぐに始めたい方は、こちらで筆者が紹介するエージェントに登録して早速web副業案件を見つけるといいでしょう。後述しますが、web副業では毎月10万円以上稼げます。これは実際に筆者が稼いでいるので事実です。それでは、web副業のおすすめエージェントを紹介します。

プロの副業ホールハート

web副業の1つ目のおすすめのエージェントは、プロの副業ホールハートです。ホールハートは、実際に筆者がweb副業案件を獲得してwebディレクションの副業で毎月10万円以上稼いでいます。

ホールハートは、もともとは転職エージェントだったので、昔からの付き合いのあるクライアントが多いので案件数が多いです。また、時給相場も2500円からと安定しており、web副業を始めるに当たって安心感のあるエージェントです。ホールハートでweb副業を始めた体験談は、プロの副業ホールハートの体験談と評判まとめを読むといいですよ。

workship

workshipもweb副業するに当たって稼げるエージェントです。workshipは、比較的スキルが高いweb人材向けのエージェントです。プログラマーやエンジニア、webディレクター、webデザイナー、webマーケター、人事、広報PRなど様々な副業案件を紹介しています。

workshipでも筆者は副業案件を獲得したことがあり、スキルが高い分だけあって時給も高く、3000円や3500円からのweb副業案件があるのがいいところだと思いますね。スキルに自信があればこちらもおすすめです。workshipのweb副業体験談は、workshipの評判口コミまとめでも体験談なども解説しています。

midworks

またmidworksもweb副業においてとても稼げるエージェントです。midworksは、正社員の安定した働き方とフリーランスのような自由さの両立があるweb副業案件を揃えているのがコンセプトになっていておすすめです。

ただ、どちらかというとフリーランスよりのweb副業案件が多いので稼働も若干多めになるかもしれません。ただ、かなり稼げますし、エンジニアやプログラミングスキルのあるプログラマー、webデザイナーはぜひ登録をおすすめしますね。midworksについては、midworksの評判を解説で詳細にレポートしています。

案件ナビ

最後は案件ナビですね。案件ナビはエンジニアやプログラミングスキルのあるプログラマー向けのweb副業案件が多く、単価が非常に高いのが特徴です。案件ナビも、フリーランスよりの案件が多いので本業との両立を狙った副業は場合によりけりにはなります。

案件ナビのサイトをみるとわかりますが、案件ナビでweb副業案件を獲得してかなり年収が上がった方がいるのがわかります。プログラミングができる方などは積極的に登録してweb副業で稼ぎましょう。

web副業で求められるスキルと仕事内容

次にweb副業を始めるにあたり、どのようなスキルが必要でどのような仕事内容が多いのかを解説します。筆者はwebディレクターですが、web副業案件を紹介しているサイトをみればわかりますが、主にwebプログラミング、webディレクション、webデザイン、SEOが中心的です。

webプログラミング

1つ目のweb副業で求められるスキルはwebプログラミングですね。プログラミングは本当に代表的で、エンジニアやプログラマーはweb副業でよく稼げます。需要も高いので時給単価も高いのが特徴的です。webプログラミングの中でも、需要の高いプログラミング言語というものが存在しまして、java、swift、ruby on rails、pythonあたりがおすすめですね。

java

webプログラミングでのweb副業案件では、javaがまず王道的なスキルです。javaはエンジニア人口も多いですし、銀行やweb企業など様々な企業で導入されているので、今後需要がなくなることはないと言えるくらいです。

web副業においてもjavaの需要は高くて、androidアプリを作れるのも魅力ですね。androidアプリはgoogleのサービスですが、googleがなくなることはまず考えられないですしね。javaのweb副業に関しては、java副業まとめで詳細に解説しています。

swift

swiftもプログラミングによるweb副業で人気がありますね。swiftは、iOSアプリを作れるプログラミング言語ですが、アップルがなくなることはgoogleがなくなることと同じくらいありえないですよね。

なのでswiftでのweb副業も非常に狙い目です。swiftができるエンジニアやプログラマーは、今すぐにでもweb副業を始めるべきですね。swiftでのweb副業に関しては、swift副業まとめも一緒に読みましょう。

ruby on rails

ruby on railsもweb副業で大変人気のあるプログラミング言語ですね。rubyは初心者でも学びやすいですし、実装がしやすいのでスタートアップとかで人気ですよね。初心者でrubyで起業したのは仲さんが有名です。

そのためweb副業では、rubyの案件がスタートアップやベンチャーを中心に多いです。時給も底堅いのでスキルがあればすぐにでも始められるでしょう。

python

pythonも筆者がおすすめするweb副業で求められるスキルですね。pythonはいろいろなことが可能で、統計解析やデータ分析が可能なので時給がすごく高いのがメリットです。いわゆるデータサイエンス的な仕事が多いです。

pythonのweb副業に関してもっと知りたい場合は、python副業まとめで詳細に解説しているのでぜひ読んでみてください。

webデザイン

またwebデザインもweb副業に置いて底堅い需要があり、webデザイナーにおすすめな仕事内容が多いです。バナー作成やLP作成などが中心的です。webデザインは、web企業であれば避けては通れない仕事なので案件数も多く探しやすいでしょう。

webデザインの副業案件を探す場合は、webデザイナーにおすすめな副業まとめで紹介しているのでぜひ見つけてみましょう。

webディレクション

webディレクションもweb副業では人気がありますね。主にwebディレクター向けのスキルであり、仕事内容もwebディレクションなのでweb制作の仕事がメインになります。webディレクションはスキルが高いので、時給単価が高いところもおすすめできるポイントです。

webディレクターの方はぜひチャンレンジするといいでしょう。webディレクター向けの副業詳細を知りたい場合は、webディレクター副業まとめを読むとより理解が深まると思います。

webマーケティング

webマーケティングもweb副業では稼げますね。筆者の推測では、webマーケティングかプログラミングがweb副業で最も稼げるんじゃないかと思ってますね。webマーケティングでは、SEOとwebライティングが必要なスキルになってきます。webマーケティングの副業に関しては、webマーケティング副業まとめも合わせて読みましょう。

SEO

SEOはwebマーケティングで欠かせないスキルです。スタートアップも大企業も喉から手が出るほど求めているスキルです。SEOは、いわゆる検索エンジンに上位表示するスキルですが、SEOができれば自分でwebサイトを作り稼ぐことも可能です。

また、web副業に置いては売上に直結するのでとても高い単価で案件が発見できると思います。

webライティング

SEOではwebライティングも副業で稼げるスキルですね。仕事内容は、ライターだとかコンテンツマーケティングがありますね。web副業として自らライターとしてアフィリエイト収入を狙うこともできると思いますね。

web副業の収入目安

web副業に置いては、収入はエージェント経由だと10万円以上が目安でして、クラウドワークスとかだと高くても3万円くらいなのかなと思います。筆者のおすすめは、断然エージェント経由のweb副業ですね。

エージェント経由案件なら毎月10万円以上でおすすめ

エージェント経由のweb副業での収入目安は毎月10万円以上です。筆者はこちらでweb副業をしていて毎月10万円以上稼いでいます。結構いるんじゃないかなと思いますね。エージェント経由だと安定してweb副業での副収入が入りますし、時給単価が高いのでwebに関係するスキルがあれば確実にこちらをおすすめします。

クラウドワークスだと1~3万円でおすすめしない

一方でクラウドワークスなどのweb副業はおすすめしません。筆者もやったことはありますが、基本的に単価が低くて頑張っても3万円くらいの副収入にしかならないと思います。

なので、スキルがある方は安く買い叩かれていると思うのでやめたほうがいいですね。エージェント経由のほうが確実に収入は入ります。

web副業の始め方

では、web副業を具体的にどう始めればいいかを解説します。めちゃくちゃ簡単でして、web副業はまずはスキルを身につける、エージェントに登録する、面談する、これだけです。

web副業に必要なスキルを身につける

まずは先ほど解説したweb副業で需要の高いスキルを身につけることですね。スキルがないとさすがにweb副業で稼げることはできないですね。まずはスキルを身につける、これが先ですね。

現状でスキルがある方の場合は、冒頭で解説したエージェントに登録することから始めればいいです。スキルがない場合は、プログラミングスクールやwebデザインスクールで学んでスキルを身につけるところから始めましょう。おすすめのプログラミングスクールやwebデザインスクールは、コードキャンプの体験談だとかデジハリでwebデザイナーを目指す方法をみると想像できるかと思います。

エージェントサイトに登録

スキルが身についたあるいはスキルがあれば、もうエージェントに登録するだけで大丈夫です。エージェントに登録すれば、どんな案件があるかも紹介してくれますし、すぐにでもマッチしそうな案件があれば面談をしましょうとなります。ない場合は、案件があり次第ご連絡します、のような形になります。

面談する

エージェントに登録してからは、最後は面談するだけです。面談は、エージェントとの面談とクライアントとの面談の2種類あります。エージェントとの面談はもちろん無料ですし、どんなスキルがあってどんなweb副業案件をやりたいかをヒアリングされます。1時間もかからないくらいです。

エージェントとの面談終われば、次はマッチングしそうなクライアントとの面談へ進みます。面談は本当に転職や就活のようなハードさはなくて、お金稼ぎたいっす!こんなスキルがあります!というテンションでOKです。筆者は稼ぎたいっす!とだけ言いました。

クラウドワークスはおすすめしない

先ほどweb副業ではクラウドワークスはおすすめしないと言いましたが、本当におすすめしません。筆者はクラウドワークスでも副業でwebライターをしたことがあるんですが、経験としてはいいですが稼げると思わないほうがいいです。

だって、クラウドワークスでの時給は1000円くらいでして、スキルがあるweb企業で務める会社人がやるような時給じゃありません。一方で、エージェント経由のweb副業は2500円は堅いので絶対にそちらをおすすめしています。

web副業するメリット

ではweb副業することによるメリットを解説しましょう。単純に副収入が入ってすぐに稼げるだけじゃないところがポイントですね。よりメリットをここでは深堀していきたいと思います。

簡単に収入が増える

1つ目のweb副業のメリットは、簡単に収入が増える、ですね。これはかなりデカイです。正社員の収入はなかなか上がりません。というのも、日本では正社員は簡単にリストラできません。

そのため簡単に正社員の収入を増やすと人件費がずっと上がるので、なかなかあげられないんですね。一方で副収入の場合はすぐに上がりますし時給も悪くないのでとてもおすすめなのです。

スキルが上がる

また当然労働しているわけなので、スキルが上がります。これも地味に大きくて本業での仕事は大抵同じことの繰り返しなので思うようにスキルが上がるわけではありません。またあくまでその会社でのスキルなので、他の会社でも通用するかはわかりません。

スキルが上がれば単純にキャリアアップにもつながるのと経験になるので、キャリアアップにもいかせるのもメリットですね。

フリーランスも狙える

最後のメリットは、フリーランスも狙えてくる、これです。web副業はあくまで副業なのでめちゃくちゃ大きい収入になるわけではないです。そうなると次に狙いたくなるのがフリーランスです。

フリーランスは、webのスキルがあれば月単価100万円の世界ですから、その金額がそのまま自分の収入となります。もちろん、税金は確定申告で払う必要がありますが、節税対策などをすれば結構抑えられます。フリーランスはいきなり狙うのはハードルが高いですが、web副業の経験を生かしてフリーランスになれるのもメリットです。フリーランスの収入事情を知りたい場合は、IT/web系のフリーランスの始め方を読むとよく理解できるかと思います。

web副業のデメリット

一方でweb副業にデメリットがないわけではありません。筆者がweb副業を初めてデメリットだなと感じたのは、確定申告と本業との両立ですね。それぞれ解説していきます。まあ、大したデメリットではないので安心してください。

確定申告が面倒

1つ目のweb副業のデメリットは、確定申告です。確定申告は会社員の場合は、会社員としての収入以外に副業をしていない方には縁のない話です。筆者も昨年からweb副業を始めたクチですが、まあ面倒ですね。

区役所に2回も行って有給が無駄になりました。ただ1回だけ行けばあとはだいたいわかりますし、年に1度のイベントなので毎日悩むものでもありません。しかも確定申告をやれば税金対策なども詳しくれるという側面もあってデメリットだけではないかなと思ってます。面倒ですけどね。

本業との両立

web副業の2つ目のデメリットは、本業との両立ができるかどうかでしょう。いうても労働収入なわけなので、すごく生産性が高い働き方ができる会社員がこっそり会社でweb副業する時間を確保するか、帰宅後あるいは土日に時間を確保する形になるかと思います。

意外と時間余ってるかも?と思う方は積極的にweb副業を始めると高年収に一気になれますね。筆者は20代ですがweb副業で年収1000万円は超えています。これは大学生時代の目標でしたが、余裕で達成できました。

まとめ

最後にweb副業のまとめです。言いたいことはスキルがあればすぐにエージェントに登録すれば始められるしすごい稼げるのでおすすめですよ、ということですね。スキルがない場合は、スクールに通ってスキルを身につけるところから始めましょう。

最新情報をチェックしよう!