Javaでフリーランス在宅は可能!【年収800万円狙える話】

SE

javaフリーランスエンジニアが在宅で仕事を行うメリットや案件の獲得方法などを解説します。今、エンジニア需要が高いのでフリーランスエンジニアの交渉力が高く、リモートや在宅での案件獲得がしやすい状況になっています。javaは特に、アプリ開発も行えるため人気が高いのでフリーランスエンジニアの中でも在宅案件の獲得がしやすいかと思います。

Javaで在宅案件狙いのフリーランスエンジニアにおすすめのエージェント

Javaで在宅案件狙いのフリーランスエンジニア向けのおすすめエージェントをまずは紹介します。僕は現役のwebディレクターで日々Javaのフリーランスエンジニアの採用面談をしていて、彼らと話すのですがJavaのフリーランスエンジニアには、案件ナビ、midworks、Workship、それから副業レベルであればプロの副業ホールハート
がいいようです。それぞれ紹介していきます。

Javaフリーランスエンジニアの在宅案件は取り合いだけど勝機はある件

まずJavaフリーランスエンジニアにこれからなろうとしている人も、現役でJavaフリーランスエンジニアの方も在宅案件は取り合いであることを認識しましょう。戦いはまずそこから始まります。

在宅案件は人気

まずですね、誰もが満員電車が嫌いですし、ことさらエンジニアであれば自宅で出来る
仕事なので在宅案件は人気です。とはいえ、企業的には出来るだけ出社してオフィスで
顔を合わせて仕事したいので在宅やリモートでの案件は少ない傾向にあることをまずは知りましょう。

とはいえエンジニアの交渉力があがっているからチャンスはある

だけど在宅案件は少ないし在宅ワークエンジニアも多いなら諦めるかあと考える
必要はありませんね。というのも、いまIT市場ではエンジニア不足ですし、IT市場自体が
伸びているので圧倒的に案件の内容や単価の交渉ではエンジニアが有利だからです。
あまりにも有利すぎて今までは通らなかったリモートワークの希望も、企業が致し方なしでOKしている事例も多く聞きます。これは要するに、採用における交渉力がエンジニアの
ほうが高いということなのでスキル次第で希望を飲んでくれる会社は見つかる可能性が高いです。

複数登録で何とか在宅案件をもぎ取る

また自力でJava在宅案件を見つけるうえでも、努力ベースでの方法はいくらでもあります。1つはエージェントに複数登録するという方法ですね。フリーランス案件は在庫である
案件が共有化されていないため、とあるエージェントだけ持っているフリーランス案件なんていくらでもあるのが現状です。なので複数登録すればするほど求めている在宅のJava案件や単価の高い案件、仕事内容が面白い案件なんていくらでも見つかりやすくなります。登録だけなら無料ですし、数分で終わるのでなんとも合理的な手段です。

Javaフリーランスエンジニアで在宅案件狙いの方へおすすめのエージェント

では紹介していきます。

案件ナビ

案件ナビはフリーランスエンジニアやフリーランスデザイナー向けの案件を紹介してくれるエージェントです。特にJavaエンジニアに特化しているので、Javaフリーランスエンジニアにとても評判が高いですね。
androidアプリのエンジニアと知り合いなのですが、営業マンやカウンセラーも
元エンジニアなのでエンジニアならではの悩みとかキャリア相談にものってくれるし、
年収アップ事例がとても多く載っており年収800万円など狙えるJava案件が多いようです。在宅案件もなくはないようです。

midworks

midworksもJavaフリーランスエンジニア向けの案件が多いエージェントですね。
midworksもコンセプトが尖っており、正社員のように安定した働き方をしつつも、
フリーランスのように自由な働き方が出来るがコンセプトになっています。
なので、週3労働で正社員のように長期契約などユニークなフリーランス案件が多いことで知られていますし、マージンが少ないため手元に入る年収アップも期待できます。midworksも年収アップの事例が多く載っているのでおすすめです。また在宅ワークも探せばあるかと思います。

Workship

Workshipはハイスキル人材向けのフリーランス案件を数多く保有しています。
なので年収アップを狙いたいスキルに自信のあるエンジニアにとてもおすすめです。
Javaに特化しているわけではないですが、Java案件もありますし、在宅案件も探せばあるでしょう。
また登録と面談だけすれば、いまは合う案件がなくても見つかり次第、メールで
お知らせもしてくれるのでとても楽です。年収でいうとこちらも800万円などが狙える範囲内かと思います。

プロの副業ホールハート

プロの副業ホールハートは、ちょっとフリーランスはまだ早いけど、ぼちぼち副業は始めたいなというJavaのフリーランスエンジニアにおすすめです。副業なので在宅案件もありますし、片手間で稼ぎやすいです。目安としては毎月10万円ほど稼げる案件がありますね。

Javaフリーランスエンジニアはこれからもっと稼ぎ時

将来的なjavaフリーランスエンジニアのことも話しましょう。将来的な観点でいうと、
これからがJavaフリーランスエンジニアの稼ぎ時です。これはもはや自明でして、政府もエンジニア不足を発表していますし、IT市場が伸びているのでまだまだ需要と供給のバランスが崩れると思っています。実際にいまエンジニアの単価は10%ほど昨対比ベースで上がっていますし、この傾向はまだ継続すると思います。

Javaフリーランスエンジニアの在宅案件を見つけるコツ

また先ほどの需要と供給のバランスの話もありますが、最後にJavaフリーランスエンジニアの在宅案件事情を語ります。いってしまえば、スタートアップに在宅案件が多いのと
スキルがあれば交渉余地はいくらでもある、ということですね。

スタートアップ

まずスタートアップもは採用資金もなければ、小さい会社なので魅力度にも劣ることが
多々あります。なので、スタートアップは総じて採用力で劣ります。ゆえに採用時の交渉力ではJavaフリーランスエンジニアが有利です。誤解を恐れずに言うと、足元をみて在宅案件を打診することは可能かと思いますね。

スキルがあれば交渉余地あり

またあなたがJavaのフリーランスエンジニアとしてスキルが高い、スキルに自信があれば
それだけ採用における交渉力が高いことになるので、書類や応募条件上は在宅案件でなくても交渉余地は出てくるかもしれません。Javaはアプリ開発もできますし、webサービスも作れますし、業務系も作れるので需要が高いため可能性としてはありえるかと思います。

まとめ

では最後にJavaフリーランスエンジニア向けに在宅案件のおすすめエージェントと
在宅案件の獲得方法を解説しました。在宅は
満員電車も回避できますし、時間も増えるのでストレスから解放されますよ。

最新情報をチェックしよう!