iphone/iOSアプリの初心者向け作り方【企画〜開発まで解説】

先日こんなツイートをしましたが、iphone/iOSアプリの作り方の全体像シリーズ第一弾を解説していきます。全体像なので企画から開発、リリースの全ての外観を解説します。僕はwebディレクターなのでプログラミングは得意ではないです。なので、初心者でも参考になると思いますし、企画段階はもっと参考になると思います。シリーズ化していきます。僕は大手ネット企業の会社員でITスキルは高いので結構参考になると思います。またビジネス企画のスキルセットなので結構面白いコンテンツにしていきたいです。

なぜiphone/iOSアプリ開発をするのか

まずなぜiphone/iOSアプリ開発をしたいと考えたのか、そのきっかけから話します。僕は趣味とお金稼ぎをかねてこのブログを2018年3月に初めましてちょうど一年経った2019年3月に当初の目標だった月間10万円を超えるところまで収益化に成功していました。しかし、googleさんの気分が代わりPV数が激減し、かなりの苦境に立たされています。

そこで方針を変換し、iOS/iphoneアプリの企画開発をしようと考えました。大きく理由は、SEO依存がない、アプリのプログラミング開発スキルは稼げる、iphone/iOS市場は伸びるの3つですね。

SEO依存がない

まず僕がそもそも今回のiphone/iOSアプリ開発するに至るきっかけは、SEOが原因です。SEOはみなさんご存知のGoogleさんのアルゴリズムですけど、ブロガーなどはかなり依存していて、googleがSEOアルゴリズムアップデートするたびに、PV数が激減して収益も激減する人が多いです。これはかなりビジネスリスクです。

一方でiOS/iphoneアプリというのは基本的に良いプロダクトを作れれば、ユーザのiphoneのホームに残るのでSEOが関係無くなります。これはかなりビジネス的には安定します。これが1つ目の理由です。

アプリのプログラミング開発スキルは稼げる

またios/iphoneアプリのプログラミング開発で身につく、プログラミング開発スキルはかなり稼げるスキルです。プログラミング開発スキルというのはいわゆるエンジニアやプログラマーの開発スキルなんですが、このスキルは今最も効率的に稼げるスキルです。

本ブログでも色々な記事で情報発信していますが、プログラミング開発スキルの中でもアプリのプログラミング開発スキルはかなり稼げる部類です。その1つが、Swiftですね。なので、アプリ自体が外れても副業でかなり稼げるのが大きいですね。プログラミング副業は、Swift案件で副業まとめを読むとたくさん紹介しています。

iphone/iOS市場は伸びる

最後は、ビジネス視点ではマーケット選定というのは非常に大事です。ios/iphone市場はかなり前からあるので、今更と思うかもですが、まだまだ市場は伸びてますし、appleさんなのでまだまだ伸びると思っています。

今でいうと、applewatchやappleTVなどもプログラミング開発の対象に入るので、スマートホーム系も開発できそうです。マーケットが大きいし伸びるというのも大きな理由ですね。IT系全般の副業は、IT副業土日まとめも読むといいですよ。

ポイント
・総じてios/iphoneアプリプログラミング開発スキルは金になる

iphone/iOSアプリ開発に必要なもの

では、そんなios.iphoneアプリ開発に必要なものを簡単に解説しますね。まあ、この辺は普通に準備すればいいので関心があれば準備しましょう。準備しないとアプリ開発を始められません。

macbook

まずmacbookですね。macbookがないとios/iphoneアプリ開発は始められません。これはもうそういうものなので、10万円ちょっとなので買いましょう。出ないとそもそもできませんよ。

iphone

次にできればiphoneも欲しいところですね。というのも、macbookでios/iphoneアプリ開発する上で、iphoneがないと実機での動作確認ができないためです。これは最低限でもいいので、モデルは古い中古でもいいので探しましょう。

XCode

Xcodeはmacbookでインストール出来る、ios/iphoneアプリ開発の統合開発環境ですね。まあ、色々と開発する上で必要な機能が揃っているツールとでも覚えればいいかと思います。

swift/objective-c

そして、Xcodeでプログラミング開発していくのに必要な、プログラミング言語として、swiftかobjective-cを学びましょう。本ブログでは、この辺を詳細に情報発信していくつもりです。

アプリの企画内容(アイデア)

最後にアプリの企画内容ですね。これがないとビジネスにはなりませんしなっても受託です。せっかくなので自分で考えたビジネスを形にしてお金儲けしたいですよね。なので、このアイデアも大事になります。

iphone/iOSアプリの企画方法

次にiphone/iosアプリの企画方法を解説します。本来は僕の得意なところはここです。ただ正解がないのであくまで参考程度にしましょう。でも知らずにやるのは勿体無いのでちゃんと読むといいかと思います。

ビジネスゴールを設定する

まず僕個人的には、ビジネスゴールが最重要ですね。言い換えると、目的です。あくまで金儲けなのか、解決したい課題があるのか。例えば前者でも、年間10億稼ぐのと1億稼ぐのとでは市場もやることも変わります。

実際に大手企業では、基本的に次の主要事業になるレベルを目指すので年間100億円事業にならないものは、実施しません。これは個人にも当てはまります。10億円よりも1億円の方が簡単ですから、まず目標を決めましょう。

ゴール設定に最適な手段=アプリ企画内容になる

では、先ほどのゴールに対してそれを達成するベストな手段を考えましょう。観点的には、難易度、自分の強みを活かせるか、目標達成できないときに失うものを許容できるか(リスク)ですかね。解決したい課題があるのであれば、市場リサーチして適切な課題設定と打ち手を考えます。

iphone/iOSアプリの開発の仕方

で、開発したいiphone/iosアプリが決まればそれを形にする開発方法を考えるところになりますね。具体的には、要件定義、アーキテクチャ設計、WF作成、プログラミング開発という流れになります。

要件定義

まず要件定義ですね。作りたいios/iphoneアプリは何ができるアプリなのかです。ここではざっくりコスメ動画の要件定義と考えましょう。例えば、こうなるかと思いますね。具体的には、①誰が②何をできる、と定義しましょう。

誰が 何をできる
ユーザー コスメ動画をアップロードできる
口コミできる
検索できる
購入できる
会員登録できる

DB構造定義

DB構造定義はちゃんとやらないとまずいことになります。というのも、後から変えたり追加、削除するのが大変だからです。DB構造定義では、どんなテーブルが、どんなカラムをもち、どんな関係性になるか(結びつき)を簡単に定義しておきます。例えばざっくりと、こんな感じです。

テーブル名 カラム
会員テーブル
投稿コンテンツテーブル
購入履歴テーブル
デモグラ属性とか、会員番号とか
投稿したコンテンツの内容
購入した商品の内容

デザイン作成

またユーザが使う画面もざっくりとWFにしておく必要もありますね。色々なios/iphoneアプリを参考にしながら、デザイン作成をするといいかと思います。いうても、ios/iphoneアプリは、UIkitがあるのであまり自分で考えるものは少ないです。

プログラミング開発

そして、要件定義した内容やDB構造定義にしたがって、swiftやobjective-cでプログラミング開発していきます。ここが一番大変であり、プログラミング初心者が大変なところではありますね。ただし、頑張れば副業でも稼げるようになるので、リターンは大きいですね。プログラミングができるようになればもう現代では食いぱぐれは絶対にないですね、プログラミング副業まとめを読むと理解できると思います。

まとめ

では、ios/iphoneアプリの開発を初心者向けに解説しました。ここからもっと情報発信するので、描き続けます。これと同じように頑張ればあなたも年収1000万円は硬いですし、アプリで成功すればミリオネアですね。

最新情報をチェックしよう!