Swift案件で副業をすぐに始めて稼ぐ方法まとめ

こんにちは、今回はSwiftの副業開発案件の求人探し方を紹介します。筆者は現役webディレクターとして毎月10万円以上を副収入として稼いでいますが、Swiftも需要の高いiOSアプリを開発できる最新のプログラミング言語なので、すぐに同じレベルかそれ以上に稼げると思います。

未経験でこれからSwiftを学びたい方も、スキルがあり副業やフリーランスとして稼いでいきたい方も必見です。内容としては、Swift開発案件で稼げる時給目安や働き方などを実際に副業を行っている筆者がレポートしてきます。また、プログラミング副業で稼ぎたい場合は、プログラミング副業サイトのおすすめまとめで詳細な解説をしています。

Swiftとは

まずSwiftについてお話しします。Swiftの特徴としては、iOSアプリの開発が出来る最新のプログラミング言語ということがあげられますが、もっと深堀していくと、objective-cの課題を解消している、学習コストが低い、というような特性が存在します。そのため未経験でこれから学習したい方にもとてもおすすめできます。それでは、具体的に見ていきましょう。

objective-cの課題を解消

まず前提として、Swiftはobjective-cというもともとiOSアプリを開発するためのプログラミング言語の次世代版として開発されています。そのため、objective-cが持っていた課題を解消する形で開発されているわけです。

例えば、objective-cは複雑な構文で開発する必要があったりとエンジニアにとって必ずしもとっつきやすいプログラミング言語ではありませんでした。しかし、そういった課題を解消したSwiftは初心者や未経験者でもすぐ学べるようなプログラミング言語にできあがっています。

学習コストが低い

Swiftは今ではiOSアプリ開発のメジャーな言語として受け入れられていて、iOSアプリ開発の求人市場でも多くがSwift案件になっています。また、もともとobjective-cで開発されているiOSアプリもSwiftに置き換えられるなどその存在感は大きいです。

その理由の1つとして、Swiftは学習コストがとても低いプログラミング言語ということがあげられます。そのため、未経験者でも初心者でもobjective-cに精通したエンジニアでもすぐに開発を始められるところがウリになっています。多くのiOS副業開発案件では、Swiftになっていることが多いです。

Swiftの将来性と人気

そんなSwiftの将来性と人気はどのようになっているか?先ほど説明したようにSwiftはその学習コストの低さから、初心者や未経験者にも受け入れられますし、既存のobjective-cエンジニアにも使用されているため、とても人気が高いです。

結局エンジニアがSwiftを好めば、副業などの求人案件もSwiftの求人が多くなるような構造になっています。また、iOSはみなさんご存知のAppleのプラットフォームで使えますが、appleの成長は今後も進みますから、まだまだ需要は高まる傾向にありそうです。そのため、今後の将来性についても申し分ありません。

他に成長性や将来性の高いプログラミング言語としては、Python当たりでしょうかね?

Swiftの開発案件求人の探し方

では、そんなSwiftの開発求人案件はどうやって探せばいいでしょうか?大きくは、知人からの紹介と副業エージェントの登録の2択になりますが、それぞれメリットとデメリットがあるので見ていきましょう。

知人の紹介

まず知人からの紹介です。知人からの紹介も筆者は受けたことがありますが、メリットとしては知人からの紹介なので働きやすい可能性があるということがあげられます。しかし、紹介される可能性は低いですし、下手するとなあなあの働き方になりがちです。

筆者の場合は、突然今月休み!と言われたこともありますし、ちゃんと仲介会社を設けて契約書をまとめないとろくなことにならないリスクもはらんでいます。

副業エージェントの登録

一方で、副業エージェントからの登録と紹介の場合だと、ビジネスとしてちゃんとやっているため安心できます。Swiftの開発求人案件数も豊富でしょうしマッチングの精度も高そうです。

また先ほどのような副業にありがちなトラブルも少ないこともメリットです。なので基本的に筆者は副業エージェントからのSwift開発案件紹介をおすすめしています。で、筆者のおすすめとしては、プロの副業ホールハートとWorkship、midworksの3社をおすすめしています。

プロの副業ホールハート

まずプロの副業ホールハートです。ホールハートはもともと転職エージェントとして活動していた企業ですが、副業解禁時代と呼ばれる昨今とクライアントニーズから副業というハーフコミットの領域にまで支援を始めているのがきっかけです。

ホールハートの特徴としては、昔ながらのクライアントが多いので案件数が多いことと、面談も上手いのでマッチングの精度が高いことがあげられますね。時給目安としては平均的な2500円です。

Workship

2社目は、Workshipです。Workshipは、副業やフリーランスを専門に扱っている副業エージェントです。特徴としては、比較的スキルの高い経験者向けの案件が多いです。そのため、時給相場も高めでSwift経験者であれば時給4000円レベルの案件も多いです。

スキルに自信があればぜひチャンレンジしてみてほしいと思います。経験も3年程度あればある程度の専門性があるため、チャンレンジして大丈夫かと思います。まあ、エンジニアの場合は需要が高いので3年もなくてもひとまず登録してもよさそうです。

midworks

3つ目は、midworksです。midworksは、なかなか面白いエージェントでして、コンセプトがフリーランスや副業のような自由度の高い働き方とともに、正社員の安定性、つまり長期雇用や福利厚生、保険などのメリットを併せ持つ案件を保有しています。

これは他のエージェントには見られない特徴で、とても面白いなと思っています。midworksでは、マージンも低いのでmidworksで案件獲得したフリーランスや副業のエンジニアを中心に年収が爆上げされています。ウェブサイト上にはそういった実績も多く載せられています。

もしswift未経験の初心者なら

先ほどのようなmidworksでは、さすがにswift初心者や未経験だと案件獲得するのは困難です。とはいえ、あなたがもしエンジニアやプログラミング未経験だけど将来的にswiftを学んで、稼ぎたい場合はswiftのスキルをつける必要がありますよね。

独学でもswiftのようなプログラミング言語はdotinstallを中心に学ぶことはできますが、学習効率も低いですしモチベーションが相当意思が強くないと継続しないでしょう。そんな場合は、ある程度の初期投資と割り切ってプログラミングスクールに通うことも1つの手になります。

筆者はコードキャンプというオンラインで学べるプログラミングスクールを受講した経験がありますが、その時の体験も公開しているのでもし初心者や未経験だけどプログラミングやswiftを学んで稼ぎたい場合は参考にしてみてくださいね。

Swift開発副業案件で出来ること

次にSwiftの開発副業案件ではどのような案件があるかお話しします。冒頭で説明したように、SwiftはiOSアプリの開発プログラミング言語なので基本的にはiOSアプリ開発の案件になります。

iOSアプリ

iOSアプリは、Appleのプラットフォーム上で扱えるアプリです。皆さんご存知か不明ですが、もう1つの巨大プラットフォームであるandroidは日本に限って言えば若干減少傾向で、どんどんiPhoneに移行してる段階なのでまだまだiOSアプリの需要は増える可能性が高いです。つまりその開発プログラミング言語であるSwiftの需要もどんどん高まっていきます。

Swift開発副業案件の時給目安

では、気になるSwiftの開発副業案件で稼げる時給目安ですが、どのプログラミング言語でも相場でいうと2500円が多いです。しかし、開発系、エンジニア系の副業は需要も高いですし、案件難易度もバラバラなので時給相場が高い案件も多いです。

時給の高いSwift開発副業案件の場合は、相場の2500円をしのぐ4000円にまで上がります。週1日10時間の稼働でも、毎月10万円を超える副収入を期待できるのがSwiftの副業開発案件というわけですね。

Swift開発副業案件の働き方

では、Swiftの開発副業案件でどのような働き方になるかお話しします。まず本業ありきで考えるとメインは土日になりますが、在宅で行えるSwift開発副業案件も多いです。また、メインは土日とはいえ平日業後に稼働できるかが重要だったりします。

在宅

必ずしもではないですが、Swiftの副業開発案件では在宅の案件も多いです。エンジニアは基本的にPCに向かってコーディングしていくことが仕事なので、対面の打ち合わせは必須ではないですし、クライアントも求めてないと思います。

そのため在宅での案件が多い傾向にあります。通勤もないので楽ですね。

平日業後

あとは、いくら土日がメインワークとなるといっても土日に思いっきり副業していては、身体が休まらないですし継続も出来ないですね。筆者の場合は、平日業後に少しずつ行うことが多いですが、平日業後で数時間副業稼働出来るとだいぶ土日が楽です。

土日

最後はメインとなる土日です。土日にまとめて副業稼働することもできますし、まんべんなく毎日行うことも可能です。意外と土日でも暇にしている時間ってあると思うので、数時間であれば何も問題ないと思います。

その時間で自分のスキルを使って10万円以上お小遣いが増えると思えば、かなり生活が豊かになると思いませんか?筆者は家電を買いあさりました。

Swift開発副業案件のメリットとデメリット

では、Swiftの開発副業案件を行うメリットとデメリットをお話しします。どのようなことにもメリットとデメリットはあるので、それらを正しく把握して判断することが大事ですね。

メリット

最初にメリットですが、単純にお金を稼げることととスキルアップの2点でしょうか?お金を稼げるという意味では、毎月10万円レベルでの昇給は普通のサラリーマンであればかなり難しいですよね。

それでも副業であればすぐにでも可能です。また責任が本業に比べればそこまで伴わないので、とても精神的にも楽です。実際に、毎週10時間といっても本当にきっちり10時間稼働するわけでもない(直接管理されるわけではないため)ので、そういう意味でも楽です。

2点目のスキルアップですが、単純に実装する時間が増えればエンジニアとしてのSwiftのスキルは高まります。その経験を買われてより時給が増える場合もあるでしょうし、より副業案件を獲得できるかもしれませんし、独立することも可能になるでしょう。そうなると、また見える世界が変わりますね。

デメリット

一方でデメリットですが、これはもう時間がとられます。先ほどのメリットはあくまでも時間を投下した分のリターンと考えるべきです。どれだけ何に時間を投下するか、これに納得さえできればそこまでデメリットにはなりません。

Swift副業はフリーランスへの足がかり

Swiftで副業してお金を稼ぎが出来るようになれば、さらにその先の展開としてプログラマーやエンジニアとしてSwiftで独立、またはフリーランスへの道が開きます。

フリーランスになれれば会社員のようなストレスからも解放されますし、自由に時間を使えます。また、手取りの月収も会社員時代の何倍にもなるのでまさにSwiftに感謝することになるでしょう。プログラミングスキルはそれくらい人生を変える破壊力があります。ぜひSwiftで副業を頑張りましょう。

Swift副業開発案件の求人探し方まとめ

ということで、Swiftの副業開発案件の求人探し方まとめに入ります。王道ではありますが、知人の紹介と副業エージェントの登録と面談をお話ししました。あくまでも筆者の経験でいうと、副業エージェントの登録が最も合理的かなとは思います。

Swiftの副業案件を受注できればフリーランスとしての独立も視野に入りますし、そうなるともっと自分のスキルで生きていくことが可能です。そうなると個人事業主ですから自分の懐に入ってくる実入りとしてはもっと多くなります。みなさんも副業で人生をエンジョイしてくださいね。他にITスキルがあれば、IT副業の土日在宅まとめもぜひお読みください。

最新情報をチェックしよう!