ドイツのFKKはマジでおすすめ!男の楽園で金髪美女を抱く

マカオのサウナ・風俗
マカオサウナ宿泊

こんにちは、今回はドイツFKKという世界で最強とも思しき、マカオのサウナに勝るとも劣らない男の天国について解説します。男であれば人生で一度はドイツFKKに訪問すべきです。

ドイツFKKとは何か?から細かい遊び方のポイントまでを解説していきます。これを読めばドイツFKKも安心です。では、早速ドイツFKKを解説していきます。

ドイツのFKKとは

早速ですがドイツのFKKとは、日本にはない形態で宿泊可能な夜の施設です。ドイツFKKは、マカオのサウナに行ったことがある人であれば馴染みがあると思いますが、本当にあんな感じです。

違いといえば、金髪美女がメイン、外でもプレイ可能、といったところでしょうか?お客さんもドイツなので欧州の方が多いですね。外国語が出来るに越したことはないですが、まあ最悪できなくても遊ぶことはできます。

www.youtube.com

この動画をご覧ください。夢にまで見た世界がドイツのFKKにはあるのです。さあ、お金を稼いでドイツFKKに旅たちましょう。ちなみに似たような施設はマカオにもあり、マカオサウナおすすめ体験談2019で紹介しています。

金髪美女を抱ける

ドイツのFKKの最大の特徴は先ほどの動画にもあるように、ほぼ在籍している女の子が金髪美女であることが特徴でしょう。日本だとなかなか金髪美女に出会うことはありませんが、ドイツFKKではむしろ金髪美女しかいません。

あんな金髪美女に誘惑される世界がドイツFKKです。こんな世界なかなかありませんよね。ちなみに金髪美女たちは、欧米人を普段は相手にしているのでサイズ感は重要です。サイズに関して不安な方は、ペニス増大サプリのオススメ8商品比較まとめでしっかり増大させていきましょう。

宿泊可能

またドイツFKKは宿泊可能です。なので、ドイツに訪問した際は絶対に訪れるべきホテル代わりの施設なのです。宿泊だけならそこまでお金もかからず、入場料だけで50ユーロなので7000円もあれば十分です。この辺りの金額はマカオのサウナと同じですね。

またマカオのサウナと同様に、ドイツFKKも食べ放題になっています。欧州らしい豪快な肉料理を食べ放題で、金髪美女も食べ放題です。年に1回はドイツFKKに訪問して英気を養いたいですね。

www.youtube.com

ドイツのFKKで出来るプレイ

そんなドイツFKKでは、日本ではなかなかできないプレイを堪能することも可能です。そもそも、FKKとは、ドイツ語で確か人間本来に戻る、という意味です。人間は本来は服を着ず、青空の下でヤッていたということですね。そのため、青空の下で豪快に遊ぶことも可能で、そういうプレイ専用のマットも庭にあるようです。

また、女の子によってはどこまで出来るかは変わりますが、前だけでなく後ろでも遊ぶことも可能なようです。

www.youtube.com

こんな動画に出てくるレベルの金髪美女を後ろの方で突けるなんて想像しただけで、鼻血が出てきそうです。

ドイツのFKKでの遊び方

ドイツのFKKに初めて行く場合は、どう遊ぶのか不安に思うと思います。マカオのサウナも同じですが、ドイツFKKも出来れば現地の言語が出来るに越したことはありません。例えばドイツ語はできなくても英語が出来れば価格交渉だとかプレイの交渉だとか、人間としての会話が出来るのでプレイの面白さに拍車がかかります。

とはいえ、できなくても何も問題はありません。ドイツのFKKも、会話ができずともやることといえばヤることなのでまあそこまで不安に思う必要はありませんね。むしろ、大勢の男女がいる中で(もちろん最中では、部屋に入ります)、ちゃんと息子が立派になるかどうかの方が重要かもしれません。

www.youtube.com

ドイツのFKKにいる美人たち

ドイツのFKKでは金髪美女が目白押しと言いましたが、具体的にどんな女の子が多いかというと、多くは出稼ぎの外国人でドイツ人は少ないようです。もっとも多いのは、ルーマニアで過半数以上です。いわゆる東欧美女です。東欧美女は超美人が多いのでおすすめです。

あとは、周辺のハンガリーとかたまにイタリアやスペインのラテン系もいます。ドイツ人の場合は、期間限定で働いている女子大生のようです。まあ国籍を気にする必要がないほど、金髪美女のクオリティが揃っているので安心して下さい。

量的な話をいうと平均的なドイツFKKの施設で、だいたい30〜50人ほどですね。ドイツにはFKKが各地にありますが、やはり都市部のフランクフルトがおすすめですね。

ドイツのFKKの料金相場

ドイツのFKKの料金相場を次は見ていきましょう。日本からドイツに行くだけでも、かなり資金が必要なのでプレイ代金も気にしないとたくさん遊べませんからね。では、見ていきましょう。

入場料

基本的に入場料は、安いところで20ユーロ、平均は50ユーロ、高いところで70ユーロ程度です。なので、高くても8000円といったところです。この料金で、宿泊サービス、食べ放題、フリードリンクがつきます。

プレイ料金

加えて遊ぶとなると、30分で50ユーロが相場です。なのでそこまで長くはないですが、まあ普通に遊んでいろいろな金髪美女を抱く場合はむしろ好都合ですね。注意点は、女の子によってかなりサービスレベルが変わるということです。

基本的には、口と本番になりますが、キスをしたくないという女の子がドイツFKKには多いようです。文化の問題でしょうか?そのため、どこまで出来るのかというのは都度コミュニケーションを通して把握すべきです。仲良くなれたら、向こうも人間なのでサービスがよくなるかもしれません。

特殊プレイの場合の料金

またドイツFKKでは、特殊というかオプションみたいなものがあります。これもメニューがあるわけではなく女の子1人1人で変わります。例えばキスするなら追加いくらとか、後ろの穴でしたいないくらとかそういう感じです。

あとは、お気に入りの女の子が見つかったら1000ユーロで1日中ずっと遊べるとかもできますね。お金があればぜひやりたいものです。だって、日本と比較したら圧倒的に安いですもの。

www.youtube.com

ドイツのFKKのおすすめの時期

そんなこんなでドイツのFKKを遊び尽くすコツも、あと少しです。実はドイツFKKにも遊びやすいベストなシーズンというものがあります。マカオのサウナでいう3月らへんですね。

ドイツの場合は、また地理的な問題でシーズンが変わります。ドイツのFKKの場合は、外でも遊べることから暖かい時期に行くことを推奨します。なので、5月から9月がおすすめです。とはいえ、この時期は結構混む時期でもあるのでチケット代との相談でもいいかもしれません。

ドイツのFKKは、1年中営業していますが、シーズンによって女の子の質と量が大きく変動はしないのでまあいつでもいいかもしれません。

ドイツのFKKは合法

また、ドイツのFKKは大丈夫なの?危なくないの?というリスク面が気になると思いますが、結論安全です!というのも、ドイツのFKKは合法なのです。合法なので、突然警察がやってきて取り押さえられるなんてこともありません。

安心して遊ぶことが可能です。また日本と異なりドイツの法律によって、口でする場合もゴムが必要なので病気リスクも低いです。プレイごとにシャワーで清潔にしていることもありますしね。

ドイツのFKKは最高!

ということで最後ですが、ドイツのFKKは最高です!まさに男天国です。20万円もあればチケット代と遊び代で2泊3日くらいは遊べると思います。その代わりに、観光はできないですけどね。ということでドイツのFKKのレポートでした。今年は3月くらいに行きたいなー。

コメント