ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラス購入したので体験談書きました

こんにちは、今回は最近美容の関心が高まっている筆者が、ヤーマンの人気美顔器こと、RFボーテフォトプラス限定版を購入したので、その使用感や効果などを体験談としてレビューしていきます。

なぜ美顔器を購入したのかって?年齢とともにシミやシワが出来ていているので、将来的にエステに通うより普段のホームケアの方が安く済みますし、リラックス効果も期待できるかなーと思ったためですね。では、早速、ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスのレビューをしていきます。

ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスとは

ヤーマン美顔器とは、フェイスケアや美顔器で有名なヤーマンという会社の美顔器です。ヤーマンは2018年で40周年を迎えており、40周年限定モデルの美顔器も発売中です。今回はその限定モデルを購入しています。

ヤーマンはエステで受けられるスキンケアなどを、自宅でホームケアとして受けられるところが良いところですね。エステは人件費も含まれていますから、当然割高ですがホームケアであれば人件費もかかりませんし、自宅で好きな時間にスキンケアをできるところが非常に気に入っています。

RFラジオ波

そんなヤーマン美顔器で目玉機能とも言える機能が、RFラジオ波というものです。商品名にもRFと入っているだけあり目玉機能になっています。RFラジオ波とは、電磁波のようなものですが、普段は肌の奥深くまで届くことはない角質層に対して届くラジオ波であり、肌の新陳代謝を活性化して、肌のたるみやむくみなど加齢現象に伴う肌の悩みを和らげる働きがあります。

渾身エステなどでも使用されることがありますが、フェイスケアでも使用できるようですね。顔に当てる場合は、小顔効果や美肌効果として期待できるようです。

f:id:captainpentagon:20181229224616j:plain

RFボーテフォトプラスの機能

では、RFボーテフォトプラスの機能はどのような機能があるのでしょうか?筆者が購入したのは、目元ケアがついている最上位モデルではないですが、CLEANモードでクレンジング、MOISTUREモードで保湿、普段動かさない顔の筋肉をEMS UPでピリピリ、肌を温めるREDモード、毛穴を引き締めるCOOLモードと多彩です。それぞれ見ていきましょう。

CLEANモードでクレンジング

最初にヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスのスキンケアでは、CLEANモードでクレンジングを行います。ヤーマンの美顔器でクレンジングを行うと、普段のクレンジングでは落ちにくい毛穴の奥までの汚れも落とすことが可能です。

このCLEANモードでは、弱い電気が流れる機能がついており、汚れを落としやすくなっています。メカニズム的には、肌の奥深くを温めつつ、メイク汚れや皮脂などをしっかり落とすことができるようになっています。

MOISTUREモードで保湿

先ほどのCLEAMモードで汚れを落とした次は、MOISTUREモードで保湿と美容成分を浸透させていきます。こちらの機能も、弱い電流を流していて、皮膚の深くに浸透しにくい美容成分を浸透させつつ、保湿することができます。 弱い電流が流れると書いたものの、人間の知覚?でいうと、ほぼ何も感じないレベルなので痛くもかゆくもないです。

ちなみにヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスの限定版では、専用の化粧水がついてきます。

顔の筋肉を動かすEMS  UP

この辺から、ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラス特有のエステっぽいホームケアっぽい機能が出てきます。保湿が終わると、今度は普段の生活では動かせない顔の筋肉をピリピリと弱い電流を流して刺激するEMS UPという機能を使います。

用途的には、エイジングケアで顔の筋肉を刺激することで肌のたるみやシワなどを抑えつつ、表情筋を鍛えることができます。このEMSは、electrical muscle stimulationの略語です。筋肉が動くメカニズムというのは、脳から電気信号が送られることで動きますが、このEMSは直接筋肉が動くように電流を流していきます。ちなみに、このEMS UPは4段階でのレベル調整ができますが、結構最初はピリピリしてなれないかもしれません。でも痛くはないです。

筆者はこのEMS UPが大好きです。というのも、顔の肌だけでなく肩や首筋などに当てることもできるので、リラックス効果やマッサージ効果としても期待できます。

肌を温めるREDモード

EMS UPで表情筋を刺激し終われば、次はREDモードです。これもエステでよく使われる美容効果の高い機能です。このREDモードは、ご覧の通りの赤色LEDをお肌にそのまま照射すると、普通は届かない肌の奥深くを刺激することが可能です。

メカニズム的には、肌の奥深くにあるミトコンドリアに肌がプルプルするために必要なコラーゲンを作るように刺激するようです。照射している間は、なんだか不思議ですがエステに通っている気分になれてなんだか得した気分になります。

毛穴引き締めCOOL

そして最後は毛穴などを引き締めるCOOLモードです。ここで肌を冷やしてクロージングになります。先ほどはRFラジオ波で肌を温めましたが、最後はひんやりと冷やすことでケアになります。やはり最後は冷やすことで毛穴の引き締めを行うことで効果が最大化されるようですね。

ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスの適正使用頻度

ちなみにここまで読むと、すごい!毎日やりたい!となるかもしれません。筆者もそう思っていましたが、どうやらヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスは毎日使用すると肌への刺激が強すぎて逆効果になるようです。

基本的な生活で行うような刺激ではないため、毎日行うと肌が疲れてしまうようです。概ね週に2回程度が良いようですね。まあ、ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスもちゃんとケアを行うと、15分ほどかかりますからそこそこ面倒なのでそれくらいがちょうどいいのかもしれません。

ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスのメリットとデメリット

では、ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスのメリットとデメリットを見ていきましょう。メリットとデメリットの軸としては、美容投資観点でのコストパフォーマンス、効果の有無、その他リラックス効果です。

メリット

まずメリットとしては、まずヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスの機能はエステでも受けられますが、エステで受けると人件費もかかるので1回で1万円程度かかります。しかし、ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスは4〜5万円なので、そこまでかかりません。

週に2回行えば、1年で24回なので、5万円を24回で割れば1回あたり二千円程度です。しかも何年も使用できるためもっとお得になります。そのため、コスパ観点では圧倒的に美顔器が得だと思います。

また筆者的に感じるメリットとしては、リラクゼーション効果ですね。現代社会はストレスでいっぱいですが、ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスはリラックス効果もあるためその分が得した気分です。マッサージみたいなものですね。

f:id:captainpentagon:20181229224725j:plain

デメリット

一方でデメリットとしては、リスクと行った方がいいかもしれませんが、使用方法を誤ると肌への刺激が強すぎて逆効果になる可能性がなくはないということですかね。でも、週に2回程度であれば心配はないレベルなのでそこまで気にする必要はないでしょう。

ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスの使い方

ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスの正しい使い方は、公式動画で提供されています。そんなに難しい使い方ではなく、顔の当てる順番を意識すればいいだけですね。まずは見てみてください。

www.youtube.com

ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスのおすすめ購入方法

では、 なんだか美顔器いいなと思ったらあとは金額や購入方法ですね。筆者も迷いに迷って購入しましたが、今では後悔していません。だって家電なので資産みたいなものですからね。もう使う分には無料ですし。

で、購入方法としては大きく家電量販店(amazon)で購入するか、公式通販で購入するかの2択になります。それぞれ特徴を説明していきますね。

家電量販店

まず家電量販店では、ビックカメラやヨドバシカメラがメジャーかと思います。家電量販店なので定価よりいくらか安価に設定されているとはいえ、家電量販店での販売なので人件費代もかかっています。

特定の家電量販店でポイントを貯めたい場合は、こちらがお勧めでしょう。

公式通販

一方で筆者がおすすめするのは、公式通販です。公式通販では、公式通販ならではのメリットがたくさんあります。まず、モイスチャーモードとクリーンモード専用のジェルもついて約1万円ほど安く購入できます。

またそのジェルを継続して使いたい場合は、公式通販では2回目以降も10%OFFで購入ができます。なので長期的に継続して利用し効果を高めたい場合は公式通販がおすすめですね。

ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラス体験談まとめ

ということで、 ヤーマン美顔器RFボーテフォトプラスをお届けしました。筆者もまだ使用してから1ヶ月も経ってないため肌のターンオーバー的に変化を完璧には捉えられてないですが、それでも友人から肌が綺麗になったと言われ始めています。皆さんもぜひ検討してみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!