治験バイトの健康診断で落ちる確率と対策をまとめた

治験バイト
治験バイト

こんにちは、治験バイトに参加して楽に短期間でお金を稼ぎたいけど健康診断で落ちしてまう、そんなあなたに読んでほしい、治験バイトでの健康診断で落ちる確率と対策をまとめてみました。

治験バイトとは、宿泊型と日帰り型がありますが、基本的に両方でそれぞれ事前健康診断を受ける必要があります。その事前健康診断で合格しないと本番の治験バイトに参加できないのが基本です。そのため、健康診断に合格する確率や落ちる確率、そしてどのような対策をすればいいのかを知る必要があります。

治験バイトの健康診断とは

治験バイトにおける健康診断とは、そもそも今後あなたが参加するあるいは今回参加したいと考えている、治験バイトにあんたがふさわしいかを検証するためのものです。それは単純に健康かどうかだけではなく他の参加者に迷惑をかけないか、あるいは当日遅刻やドタキャンしないかなども含めて見られています。

個別的には、例えば具体的に計測したい指標が治験バイト側で決まっていれば、そういう数値を取得できる検査をうけることになります。そうでない場合は、身長や体重などの基本数値の測定と血液検査や心電図検査などがメインとなるため、痛いものはありません。

治験バイトの事前健康診断で落ちる確率

では、そんな治験バイトに落ちる確率はどの程度でしょうか?確立をここで、健康診断における合格者/参加者とすると、筆者が墨田病院で事前健康診断に参加した時の体幹地としては、50%程度だと思います。

なので、普通に世の中的に健康であれば落ちる可能性はそこまで高くないです。少し太っていたり、お酒をよく飲む、喫煙するなどがあればぜひやめることをおすすめします。喫煙などは治験バイトの案件数そのものが減ってしまうので落ちる確率どうこうの問題ではないです。

治験バイトで落ちる原因

治験バイトの健康診断で落ちる確率はだいたい50%程度だと思われますが、一方治験バイトで落ちる原因を知らないと対策の打ちようもありませんね。ここでは、治験バイトの参加実績がある筆者が落ちる原因の主要なものを解説します。大きくは、そもそも条件に合わない、健康診断の数値が悪かった、態度が悪い、この3点です。

条件に合わない

1つは募集している治験バイトの被験者条件に合わないということです。これでは、そもそも健康診断に望む前から勝負は決まっちゃっています。被験者条件というのは、例えば喫煙歴がないとか、BMI指数が28以下だとか、そういった健康条件に関わる客観的な条件のことです。

これは比較的、募集要項に書いていますので、参加したい治験バイトが見つかれば早めにチェックして対策を打つことをおすすめします。

健康診断の結果数値が悪かった

一方で被験者条件には受かることができても、実際に健康診断を受けた際に思わぬ数値が出て見送りになる場合も多いにあります。治験バイトの健康診断では、血液検査や、心電図検査など多種多様な検査を行います。

そこで例えば、精密に分析を進めた際になんらかの数値が出ると、落ちる原因になってしまう場合もあります。この場合は、できるだけ普段の生活習慣や食生活を見直すなどの努力が必要になりますね。

態度が悪い

3つ目は、態度が悪いということです。意外に思われるかもしれませんが、健康診断もそうですが治験バイトは集団生活であり看護師や医師の指示を素直に聞くことが必須になります。

そのため、遅刻するとか指示をきかなそうな態度が悪い参加者はまず落ちることが多いです。治験バイトの健康診断では、到着時刻なども履歴をとっていますし、健康診断の最後に医師と面談がありますが、あれば人物検査と考えて大丈夫です。まあ、普通にしていれば大丈夫ですよ。

治験バイトに多い参加者層

こういった落ちる原因がある中で、どういった人が治験バイトの参加者に多いのでしょうか?筆者の体感的には、半数以上は大学生で、残りが会社員というような感じです。年齢でいうと、大学生は20代前半、残りの会社員は30代あたりが多いように感じます。

あまり年齢層の高い人はいないように感じました。なので、あなたも思い切って参加しても全然大丈夫だと思いますよ。

治験バイトの事前健康診断で合格するコツ

では、治験バイトの事前健康診断で合格するコツとは一体何でしょうか?いろいろなサイトで紹介されていますが、基本的に治験バイトの事前健康診断に合格するコツは極めて普通のことです。

2週間前から準備できるとベスト

まず、準備期間としては長く見積もっても2週間前から準備できるとベストです。治験サイトなどでは、1週間前と書いてあるのが多いですが、人間の習慣として1週間ですぐに切り替えられるケースは少ないので、2週間前から準備できるとベストだと思います。

具体的に意識するポイントとしては、食生活と運動習慣になります。ただ、落とし穴として治験バイトは宿泊型だと集団生活を伴うので態度もチェックされていることを意識しましょう。

態度には気を付ける

治験バイトの事前健康診断に落ちたくない、合格したいのであれば態度を気を付けるにこしたことはありません。というのも、治験バイトは極めて労働集約的なオペレーションのもとに成り立つからです。

実際に治験バイトに参加すれば、タイムスケジュールを順守、ルールを順守は当たり前ですし、ご飯も提供されたものを食べないとなりません。また、基本的に大人数での雑魚寝です。ベッドはありますが。

そのため態度は気を付けるべきです。遅刻は絶対NGですし、見た感じでまともそうな人間に見える必要があります。看護師と会話するときも誠実に対応しましょう。

食事も気を付ける

次は食事です。普通の食生活で大丈夫ですが、毎日コンビニ弁当などファストフードを食べている食習慣のある方は要注意です。特に治験バイトは、独身の男性が参加するケースが多いので、食生活が荒れている人が多いと思います。

コンビニ弁当ばかりだと栄養も偏りますし、塩分も多いので事前健康診断で落ちる確率が高くなってしまいます。またお酒が好きな場合も注意です。落ちる確率が高くなります。

出来れば事前健康診断の2週間前からは、お水を飲むようにしましょう。目安は1日3Lです。そして野菜を中心に食べるようにすればOKです。

運動も気を付ける

あとは運動も気を付けましょう。治験バイトの事前健康診断に落ちる確率を低くして合格するためには、運動習慣は注意です。日々の運動習慣としては適度な運動が望ましいですが、事前健康診断の直前では激しい運動は避けたほうがよいです。

というのも激しい運動により身体への負担が高まると、数値的な変動が起きて数日は治りません。そのため、万が一負担の大きい筋トレなどをすると治験バイトの健康診断で落ちる確率が高まります。

治験バイトの合格は2種類ある

先ほどの治験バイトに落ちる確率を減らした先に待っているのは合格ですが、実は治験バイトには合格が2種類あります。1つは、本参加メンバー、もう1つは補欠です。補欠は補欠で、オイシイのですが基本的には本参加メンバーにならないと希望する報酬はありません。

本参加メンバー

本参加メンバーは、治験バイト側が健康診断に参加してくれた参加者の中で数値的に良好なメンバーの選抜集団です。だいたい事前健康診断の参加者のうち、50%が相当します。

この本参加メンバーがもともと治験バイト側が提示していた報酬を貰える立場となります。ちなみに辞退は自由なので、もし辞めたくなれば自体の旨を打診すればいいです。そうすると、補欠要因が繰り上がります。

補欠メンバー

補欠メンバーは、文字通り補欠です。この役割は、本参加メンバーで辞退やドタキャンが出た場合の補欠です。なので、当日待機する必要があります。待機して、治験バイト側が大丈夫と判断され次第、自宅へ帰宅が許可されます。

報酬としては、待機時間中に報酬が発生します。だいたい1万円くらいだと思います。そのため、人によっては待機が一番おいしいと感じる場合もあるようですね。

治験バイトに参加したいならJCVNがおすすめ

初めて治験バイトの事前健康診断を受ける人も、過去に受けて落ちた人も、まだチャンスはありますし、合格したいと思っているでしょう。だって、治験バイトはゲームしながら看護師と戯れるだけで2泊とかで3万円もらますからね。

ご飯も出るのでお金も使いません。そのため、非常にお金を手軽に稼げられます。まだまだ治験バイトをあきらめたくない人はぜひJCVN治験モニターへの登録と健康診断への参加をおすすめします。筆者も墨田病院でJCVN経由で参加しましたし、案件も豊富で高額です。

コメント