週3や週1からできる副業・フリーランス案件の始め方

週1・週3
週3週1副業フリーランス

週3や週1からできる副業・フリーランス案件の始め方を紹介したいと思います。プロの開発者だとすぐに案件が見つかると思います。副業であれば週1、フリーランスであれば週3程度で案件を募集しているエージェントは数多くあります。まず始め方が分からないということであれば、こちらで始め方と実際の週1から週3でのフリーランス及び副業案件を紹介しているエージェントを紹介したいと思います。

週3や週1からできるフリーランス・副業

では早速週3や週1から出来るフリーランス・副業案件の始め方ということで、筆者は主にweb業界で副業しているため、web業界でのフリーランスや副業に焦点をあてて紹介したいと思います。特に需要が高いのは、プロの開発が出来るエンジニアです。すぐに案件が見つかると思います。

www.youtube.com

webエンジニアの場合

まずフリーランスや副業でとても需要の高いwebエンジニア、ITエンジニアの場合を紹介します。開発スキルが高いエンジニアは、本当にすぐに案件が見つかると思います。週3や週1でエンジニアがフリーランスする場合は、週3であればオフィスに来てもらうケースが多いと思いますが、週1であればほぼフルリモートという形で、対面があっても月イチでの副業になるでしょう。

案件的にも、週1であればまさに副業という感じでショットでの願いをこなしてく働き方が多くなるでしょう。例えば、小さめの案件であればこの案件をまるごとお願いしますになるでしょうし、中規模の案件であればその案件の一部分をお願いされるでしょう。

いずれにしても、正社員としての働き方とは大きく異なり非常にストレスフリーな働き方が出来るのが、週3でのフリーランスや週1での副業案件だといえますね。フリーランスでいうと、開発スキルが最も需要が高く単価も高いためウハウハな気持ちでフリーランスできると思います。開発スキルのあるプロのエンジニアの方は、エンジニアのフリーランスまとめも合わせてお読みください。

webデザイナーの場合

webデザイナーも週3でのフリーランスや週1での副業案件の需要が高い職種です。週3でのフリーランスであれば、webエンジニアと同じくオフィスでの常駐という働き方になると思いますが、週1であれば完全フルリモートで在宅勤務が可能です。

案件的には、週3でのフリーランスでも週1での副業でも同じく、LP(端でィングページ)のデザイン制作とバナー制作が中心になるでしょう。まれに高額案件であれば、アートディレクター的な役割も含めた案件があります。

アートディレクターの場合は、時給単価も高いためおすすめですが、リモート勤務は少なくなると思ったほうがいいでしょう。理由としては、ディレクションまで含めるとなかなか在宅だけでは管理できないためですね。ちなみに、webデザイナーでまれに開発(htmlやcss、javascript)も出来る人材がいますが、そういう方もすぐに案件が見つかると思います。しかも高単価で。webデザイナーで週1や週3でフリーランス希望の場合は、webデザイナーにオススメなフリーランスまとめも合わせて読みましょう。

webディレクターの場合

webディレクターの場合も同様に、週3であればフリーランスとして常駐する働き方が多く、週1であれば副業案件としてフルリモートか月イチでの対面会議が中心になるでしょう。

webディレクターがフリーランスや副業する場合は、他の職種と異なり目に見える成果を出しづらいです。webデザイナーであればデザイン制作物ですし、webエンジニアであればプログラムですが、webディレクターの業務は多岐に渡ります。

基本的にはあなたの提案をクライアントが受けて実施を判断し、実施したことでKPIが改善される。つまり、売り上げやクリック率が改善されることで初めて成果といえます。その点で、なかなか成果を上げられない場合もあるでしょうから、若干プレッシャーがあがるかもしれません。

週3や週1でのフリーランスや副業案件であれば、あまりプレッシャーは伴わないものですが、webディレクターの場合必ずしもそうではないことを認識しておきましょう。しかし、基本的には詰められないですし楽チンです。webディレクターも、週1や週3でフリーランス案件の需要は高いです。webディレクターの場合は、webディレクターのフリーランスまとめも合わせて読みましょう。

webマーケターの場合

webマーケターの場合も、webディレクターとかなり近い働き方となるでしょう。週3でのフリーランスであれ、週1での副業案件であれ、基本的にはSEOや集客に効果のある施策をクライアントへ提案して、実施して振り返りを行い効果をクライアントが実感して初めて成果を出したといえる状態になりますね。

この辺は本業と変化がないので、慣れといえば慣れなので問題がないようであれば週3でのフリーランスでも週1での副業案件でもよいと思いますね。webマーケターでも週1や週3でのフリーランス案件もありますよ。webマーケターの場合は、webマーケターのフリーランスまとめを合わせてお読みください。

統計解析・データ分析の場合

データ分析は、エンジニアやディレクターとの中間に位置づけられると思います。データ分析の場合は、成果物が分析アウトプットと提案になるため、中間的な位置づけになります。

データ分析の場合は、統計モデルなどの専門性を存分に生かす形で、週3でのフリーランスや週1での副業を行うことになりますが、専門性が高いため時給単価も高く稼げるのも特徴ですね。統計解析やデータ分析系も、週3や週1のフリーランスに向いています。データ分析や統計解析スキルがある場合は、統計解析やデータ分析でフリーランスするまとめも読みましょう。

週3や週1でのフリーランス・副業のメリット

さて、ここで週3でのフリーランスや週1での副業案件を始めるにあたって、そもそもどんなメリットや魅力があるのかも合わせてご紹介しましょう。基本的には、短期的にはフリーランスのほうがストレスもないですし、稼げるのがメリットになりますね。

収入が純増する

まず週3でのフリーランスでも週1での副業でも、どちらも今現在していないのであれば(本業がないor副業をしていない)、収入が純増します!!!どれくらい純増するかというと、目安の時給単価は2500円からなので週3でのフリーランスであれば30万円ほど、週1での副業であれば10万円ほど毎月の収入として純増します!

この収入増化インパクトはかなり大きいです。10万円もあれば毎月リッチな旅行が出来ますし、30万円であれば優雅に暮らせますよね。まずフリーランスでも副業でも収入増加はかなり大きいです。

経験年数が増える

2つめの週3でのフリーランスや週1での副業でも、経験年数つまりキャリアにつながります。その企業での出世という意味のキャリアにはつながりませんが、あくまで副業やフリーランスでのキャリアにつながりますね。

フリーランスや副業も経験年数をかなり採用時に見られますから、やった分だけ次回も採用されやすくなります。フリーランスや副業のリスクというのは、案件が決まらない場合なのでそのリスクを一番ヘッジしやすい状態にもっていけるのも魅力です。

スキルが伸びる

2つ目の経験年数とほぼ同じ意味を持ちますが、スキルも当然伸びますね。スキルも週3でのフリーランスだろうが週1での副業だろうが同様に見られますし、スキルが高いほど時給単価も高めに設定されますよね。

ストレスフリー

実はフリーランスや副業をしたい方の多くは、ストレスだったり会社に属して働きたくないというのも理由の1つだと思います。その通りで、フリーランスの場合は正社員として働く場合よりもストレスは確実に減りますね。

というのも、週3でのフリーランスでも週1での副業案件だろうが、クライアントがお願いしている業務を遂行さえすればいいので、成長だとか教育みたいな指導がないのでそういったストレスから解放されます。これも人生においては大きな意味を持ちますね。

週1や週3のフリーランス案件は開発エンジニアが多い

ここまでで週1や週3で出来る職種ごとのフリーランスの概要を話しました。とはいえ、フリーランス案件はプロの開発スキルを持つエンジニアの案件が多いことは否めません。

rubyやjava、iOSなどプロの開発スキルを持つエンジニアが欲しい企業はいくらでもあります。そんなわけでフリーランスしたいプロの開発スキルを持つエンジニアは選び放題になるかと思います。

週3から週1のフリーランス・副業で働くデメリットとリスク

続いて、週3からのフリーランスあるいは週1からの副業を行うことでの、デメリットとリスクを紹介します。

時間がとられる

1つ目は、わかりやすいですが時間がとられます。しかしこれは、フリーランスも副業も労働収入なので仕方がないです。時間がとられるのがいやであれば、もはやフリーランスや副業での収入アップは諦めるしかありません。

出世やキャリアアップはリスク

重要なほうはこちらでしょうか?所属している企業での出世や中長期的なキャリアアップを考えた場合に、フリーランスを始めることはリスクが伴います。(副業は本業をしているため、リスクにはならない。)

というのも、フリーランスは基本的に成長だとか教育だとか出世とは違う世界なので、決められた業務の遂行が中心です。そのため、長い目で見てまだ出世したい、よい企業に正社員として転職したいなどがあるならおすすめしません。

週3や週1で出来るフリーランス・副業案件の始め方

さて、では週3のフリーランスや週1での副業に関心がわきましたら、本題の始め方の部分を解説します。初めてですと、週3フリーランスも週1副業も分からないと思うため、まずこちらの方法で始め見るとよいかと思います。

エージェントへ応募する

まず最初にすることはエージェントに応募することです。初めてであれば特に、自分だけの力で営業したり案件受注するのは大変なのでエージェントの手を借りましょう。エージェントの手を借りることであなたがデメリットをこうむることは基本的にありません。

エージェントがフリーランス案件も副業案件も紹介してくれますし、面談調整の手間もしてくれますし、無料です。ぜひ上手に活用しましょう。筆者がおすすめする週3フリーランスや週1副業案件を紹介してくれるエージェントは3社です。1つはWorkshipでもう1つはプロの副業ホールハート、そして最後はmidworksです。

Workshipフリーランス

Workshipフリーランスは、エンジニアやデザイナー、ディレクターなど中心にスキルの高い人材に対して高単価案件を紹介するのが得意です。Workshipは、面談も丁寧ですし案件も豊富です。詳しくは下記の体験記事をご参照ください。

Workshipも週1や週3のフリーランス案件を多く持っています。ぜひプロの開発者だけでなくいろいろな職種の方も応募しましょう。

プロの副業ホールハート

2つめは、プロの副業のホールハートです。ホールハートは、転職なども扱っている人材系サービスのプロです。ホールハートは、ハイスキルよりも3年程度経験があればチャレンジできる案件が多いです。その分、Workshipよりも単価はやや下がりますが、案件が豊富なのと決まりやすいかと思います。こちらも体験記事をご参照ください。

ホールハートも、プロの開発者のニーズが高いですが、それ以外の職種でも案件の紹介をしてくれますよ。プロなのでね。

midworks

3つ目の週3や週1のフリーランス案件を多く抱えているのは、midworksさんです。midworksもかなり特徴があり、正社員のような安定性、長期雇用、福利厚生などもありつつ、フリーランスのように週1や週3で働ける両方のメリットを併せ持った案件を多く持っています。

midworksもプロの開発スキルを持つエンジニアの案件が多いは多いですが、それ以外の職種のフリーランス案件も数多くあるためまずは登録をオススメします。

面談の準備をする

あとは週3でのフリーランスや週1での副業案件を紹介してくれるエージェントとの面談への準備です。面談は結構大事です。というのも、返答次第では案件紹介があるものもなくなってしまうためです。面談の準備では、幾つか大事な要素があります。それらは、何をしてきたか?何ができるか?どれくらい稼働できるか?です。

面談準備:何ができるか?

面談では、週3フリーランスや週1副業案件市場でどんな案件があるかを仮説立てることで案件紹介の可能性がぐっと高まります。むやみに自分のメインの業務を紹介すると、案件紹介されないリスクがあります。これは嘘をつくという意味ではなく、あくまでニーズのありそうな自分のスキルを得るという意味です。

例えば、もうすっかり偉くなってマネジメント中心だとすると副業案件は難しくなります。若手の現場担当よりもスキルがあってもです。これは、フリーランスや副業案件でマネジメント業務が基本的にないことに起因します。当然ですよね、マネジメントはあくまで社員に対する業務だからです。

なので、マネジメントとかではなくwebディレクターであればメディア制作の進行管理だったり、webデザイナーだとLP制作など需要の高い業務を売りましょう。

面談準備:どれくらい稼働できるか?

こちらも非常に重要です。稼働は絶対に質問される事項です。ここで例えば、繁忙期の波があるので忙しい時はあまり稼働できないと答えると案件紹介がされない場合がありえます。なので、基本的に土日は確実に動けるので週1副業なら確実に稼働可能です。みたいな回答が理想です。

週3フリーランスはもっと当たり前で、平日のオフィス勤務なのにたまにこれない週ができる場合だと、エージェントからは案件紹介されにくいリスクが出てしまいます。気をつけましょう。

週3や週1でフリーランス・副業案件を始める時の注意点

では終盤なので、週3フリーランスや週1副業案件を狙う場合に、注意するべきポイントをまとめてみました。幾つかあるためしっかりチェックしましょう。

広告に騙される

1つはフリーランスや副業の広告に騙されるというリスクです。実際に、広告では週3フリーランス募集とあったので問い合わせたら、そのような就業案件は存在せず週5勤務しか募集していないと返答があった事例があります。

週3フリーランス・週1副業案件の希望条件を洗い出しておく

週3フリーランスや週1副業希望の場合は、他に労働条件などで希望があるかしっかり考えましょう。面談の際にちゃんと返答出来ずにいると、後からこれはNGなどになるとエージェントへの印象が悪くなります。例えば、基本的にリモートがいいなど具体的に洗い出しましょう。

週3や週1からできるフリーランス・副業案件始め方まとめ

ということで、週3フリーランスや週1からできる副業案件の始め方についてご紹介しました。本業だけで収入を上げづらいこのご時世ですから、あなたのスキルや経験を副業やフリーランスという形で高く売るということにチャレンジするのもおすすめです。

筆者も毎月副業で10万円以上稼いでいますが、これだけでかなり金銭感覚が変わった認識があります。実は前よりケチになったのです。逆説的ですが、お金持ちほど無駄遣いしないとよく聞きますよね。それは無駄遣いしないからお金持ちなのではなくて、お金持ちなのでお金の大事さがわかっているということだと思います。

それでは皆さんもフリーランスや副業案件でリッチになりましょう!

コメント