【副業】WEBマーケター(マーケティング)におすすめな在宅副業4選で毎月10万円収入アップ

web系副業
webマーケター副業

今回も副業で稼いでいる現役WEBディレクターの筆者が、似たような職種で副業で稼げるIT職業として、WEBマーケターの副業についてご紹介します。SEOや有料集客に詳し人は副業で簡単に毎月10万円は狙えますよ。いわゆるパラレルキャリア的な働き方ですね。

webマーケターは、いわゆるwebマーケティング、デジタルマーケティングと呼ばれる世界の職種です。SEOやリスティング、最近ではインスタグラムやTwitter、FacebookなどのSNSマーケティングもwebマーケティングの分野に入るためとても賑わっています。自分でアフィリエイトを頑張ることもできますね。いま最もパラレルキャリア的な働き方に向いている職種の1つですね。

  1. WEBマーケター(マーケティング)とは
    1. webマーケティングの手法①SEO
    2. webマーケティングの手法②リスティングなど有料集客
    3. webマーケティングの手法③SNS
  2. WEBマーケター(マーケティング)におすすめな副業4選
    1. webマーケターにおすすめ副業①高単価案件が多いWorkship
    2. webマーケターにおすすめ副業②安定のプロの副業ホールハート
    3. webマーケターにおすすめ副業③いいとこどりのmidworks
    4. webマーケターにおすすめ副業④SEOといえば!アフィリエイト
      1. アフィリエイト実績ができればSEOコンサルでも稼げる
  3. WEBマーケター(マーケティング)に求められるスキル
    1. webマーケターの副業に必要なスキル①SEOなどの専門性
    2. webマーケターの副業に必要なスキル②ロジカルシンキング
    3. webマーケターの副業に必要なスキル③SNS運用
  4. WEBマーケター(マーケティング)が副業で貰える収入の目安
    1. SEOは特に単価高い傾向が
  5. WEBマーケター(マーケティング)にはどんな案件があるか?
  6. WEBマーケター(マーケティング)はなぜ需要が高い?
  7. 副業で求められる稼働目安とは
  8. WEBマーケター(マーケティング)が副業するメリットとデメリット
    1. webマーケターが副業するメリット
    2. webマーケターが副業するデメリット
  9. webマーケターは副業にとっても向いている
    1. webマーケターが副業に向く理由①アフィリエイトが出来る
    2. webマーケターが副業に向く理由②専門性がある
    3. webマーケターが副業に向く理由③需要しかない
    4. webマーケターが副業に向く理由④実績を作れる
  10. WEBマーケター(マーケティング)におすすめな副業3選まとめ

WEBマーケター(マーケティング)とは

まずWEBマーケターとは何なのか?ですが、WEBサイトに集客する施策を考える人です。集客の方法として、SEO別名自然検索と有料集客、そして最近トレンドのSNSマーケティングがありますが、それぞれ需要が高いスキルです。なので、WEBマーケターは比較的楽にパラレルキャリアとして副業案件を見つけられると思います。

webマーケティングの手法①SEO

まずSEOですが、いわゆるGoogleの検索エンジンで高順位にサイトをヒットさせるためのサーチエンジン最適化=SEOを行うことです。ブログやアフィリエイトを行っている人はすでに詳しいでしょう。

SEOは、副業案件が豊富です。というのも、多くの企業で集客はなくてはならないテーマですし、SEOの性質として無料で集客ができるため、多くの企業特にスタートアップではかなり重要が高いと思います。

webマーケティングの手法②リスティングなど有料集客

次が、リスティングやディスプレイ、アフィリエイトなどの有料集客です。有料集客は、SEOと比較してお金がかかるためその分資金に余裕がないスタートアップではニーズが少なめです。

一方で、有料集客は投資する分だけ成約する確度が高いですし、計算がしやすい(いくらかければいくらの収益が発生する)ので資金に余裕がある大きめの企業では需要が高いです。

SEOと有料集客のどちらも理解できているマーケターは相当需要が高いと思います。あまりそういった人材はいないので両方わかることは大きな武器になります。単価も高くなることでしょう。

webマーケティングの手法③SNS

最近では、SNSマーケティングがトレンドです。筆者が登録している副業案件紹介サイトでもインスタグラムやTwitter、Facebookをはじめとするアカウント運用のようなマーケティング案件が多くなっています。

f:id:captainpentagon:20181231184218j:plain

こんな感じで急募案件もありいきなりメールがくることもあります。そのため、自分でインフルエンサーマーケティングなどSNS系に自信がある方は副業で荒稼ぎすることも可能だと思います。

WEBマーケター(マーケティング)におすすめな副業4選

ということで早速、WEBマーケターにおすすめできる副業を4つ紹介します。どれもマーケターにとっては魅力的な副業になっています。筆者はマーケターではないですが、マーケターであれば全部取り組むと思います。特にアフィリエイトはSEOに詳しいwebマーケターであればパラレルキャリアとして積極的にやりますね。

webマーケターにおすすめ副業①高単価案件が多いWorkship

まず高単価案件が多くハイレベル人材を求められている、Workshipです。こちらは、単価が高めでその分人材要件も高いのが特徴です。スキルに自信がある人はぜひ挑戦してください。

概ねの相場でいうと時給2500円が相場ですが、スキルのあるマーケターであればもっと上を狙えると思います。年齢層でいうと、20代後半や30代前半が多いとのことでした。管理職手前くらいか管理職くらいのスキルイメージでしょうか。

こちらのWorkshipも他と違わず、マーケターの需要は高く案件も豊富です。ぜひ登録して面談してみてはいかがでしょうか?

webマーケターにおすすめ副業②安定のプロの副業ホールハート

次は安定のプロの副業ホールハートです。こちらはヘッドハンティングをもともとしている会社で、多くの案件を抱えています。また、キャリアヒアリングも上手なので転職の相談も可能だと思います。

ホールハートの相場も時給2500円が相場です。しかしながら、どこもマーケターはニーズが高いので交渉次第で時給アップもできるかもしれません。ホールハートは、面談が基本的に対面必須なので原宿までいかないとならないのが少し面倒です。

webマーケターにおすすめ副業③いいとこどりのmidworks

3つ目は、 フリーランス的な働き方と正社員のいいとこどりをした時代の最先端をいくパラレルキャリアな働き方が出来るmidworksです。midworksは、フリーランス的な働き方をしつつ、福利厚生や保険の負担をしてもらえるなどいいとこどりなパラレルキャリアを実現できます。

またmidworksでフリーランスや副業をすると、いっきに年収が爆上がりします。詳しくはこちらの記事でも見てみてください。これからの時代はパラレルキャリアですね。

webマーケターにおすすめ副業④SEOといえば!アフィリエイト

最後はマーケターであれば誰もが取り組むべきアフィリエイトです。マーケターの強みといえば、集客ですが特にSEOにスキルがあればアフィリエイトでドル箱のブログやサイトを量産できます。

また、ブログは性質上不労所得になるため、長期的な目で考えるととても良い選択肢です。友人のマーケターもアフィリエイトで毎月数万円稼いでいます。もっとすごい友人だと毎月10万円稼いでいます。アフィリエイトでは、A8.netというASPが有名です。 

www.youtube.com

アフィリエイト実績ができればSEOコンサルでも稼げる

ちなみにアフィリエイト実績ができればSEOコンサルや広告を直接受注して、さらに稼ぐことも可能です。よくアフィリエイト実績を公開しているブロガーやアフィリエイターがいますが、あれは自分のSEOスキルを公開することでブログやアフィリエイトサイト自体に権威性という付加価値をつけつつ、その実績に関心を示した企業から直接SEOコンサルのオファーや広告のオファーを貰うのも目的になっていることが多いです。

直接オファーをもらえるとかなり美味しいです。というのも、直接なので仲介による中抜きがないため、がっつりそのまま自分の収益になります。そのため、直接のオファーはかなりお金になります。

その観点で言うとかなりwebマーケターは強みです。本業でSEOをやっているわけですし、そのスキルは当然ながら自分でアフィリエイトをやる場合にも行かせますからね。かなり羨ましいです。そんなわけであなたがwebマーケターであればアフィリエイトには取り組んでおくと、長い目で見て老後の収益にもなるのでいいと思いますよ。

WEBマーケター(マーケティング)に求められるスキル

では、マーケターに特に求められるスキルは何でしょうか。SEOも有料集客もどちらも数値ドリブンで分析できる人が好ましいと思います。特にSEOでは、どのキーワードがボリュームがあるか、成約しやすいか、順位が上がりやすいかを考え提案できるといいでしょう。

有料集客もCPAやROASなどの専門的な指標を元に、分析して提案できるといいでしょう。なかなかスキルを持っている人材がいない企業にとっては救いの手として崇められるかもしれません。

webマーケターの副業に必要なスキル①SEOなどの専門性

webマーケターが副業で稼ごうと思ったら必要なスキルとしてはまず専門性が挙げられます。多くのクライアントは、webマーケティング例えばSEOで3年ほどの経験のある人材を欲していることが多いようです。

3年もあればある程度の経験を知識を有していると思われるわけですね。ニーズが高いのは、もちろんコンテンツマーケティング系のSEOですが、他にも広告の運用経験でアフィリエイトやリスティングなどの経験も重宝されることが多いでしょう。

webマーケターの副業に必要なスキル②ロジカルシンキング

2つ目は、ロジカルシンキングです。企画系の職種では一般的に専門性とロジカルシンキングが求められます。ロジカルシンキングができないと、クライアントの抱える課題の定義も優先度付けもできません。

さらには、ニーズの把握も仮説の立案も検証計画も提案も上手にできないでしょう。この辺は、ロジカルシンキング系の本を読むことで鍛えてもいいですし、本業で鍛えるのも手だと思います。

www.youtube.com

webマーケターの副業に必要なスキル③SNS運用

SNS系のデジタルマーケティングが得意の人は、Twitterやインスタグラムのフォロワーを増やすスキルがあれば、圧倒的に副業案件を勝とれると思います。世の中的には、まだまだインスタグラムなどのSNS運用が得意なマーケターは少ないので希少性もありますしね。

今後はSEOの検索流入もありつつ、SNSで探すような世界観が増えてくるので今後のトレンドとしてSNSマーケティング、デジタルマーケティングのスキルがあるとかなり強いかと思います。

WEBマーケター(マーケティング)が副業で貰える収入の目安

収入面では、マーケターの副業収入の目安は一緒で時給2500円ではあります。しかしながら、マーケターは需要が非常に高いためスキル次第でもっと上を目指せる可能性が高いです。

毎週10時間の稼働でも毎月10万円ですから、もう少し時給をあげれば10万円ちょっとになりますね。かなり生活がリッチになることまちがいないです。絶対に副業にトライすべきです。

SEOは特に単価高い傾向が

これは聞いた話ですが、webマーケティング、デジタルマーケティングの中でも、SEO案件は非常に単価が高い傾向があると知人から聞いたことがあります。というのも、SEOは性質上、無料で流入が増えるので成果報酬的に考えると大企業であれば100万円単位で支払っても検索順位をあげたいというニーズがあります。

そのため、SEOスキルに自信と実績があれば時給いくらなんて小さい話ではなく、大きい単価で契約できるかもしれませんね。羨ましいです。

WEBマーケター(マーケティング)にはどんな案件があるか?

どんな案件があるかですが、基本的にSEOの方が案件数は多いと思います。コンテンツマーケティング系が最近だと人気のようです。キュレーションメディア系のサイトは数多くありますから、そういった企業だったりが多いです。

他にも有料集客の広告運用もあります。スタートアップは資金面でやや苦労しているため、効率的な広告運用の経験があると心強いでしょう。ぜひそういった経験がある人がいれば、登録して挑戦してみましょう。

f:id:captainpentagon:20181010233730p:plain

WEBマーケター(マーケティング)はなぜ需要が高い?

また、WEBマーケターがなぜ需要が高いのか?ですが、端的に言って集客はWEBサイトにおける生命線です。特に最近はキュレーションメディアなどのいわゆるSEOサイトが多いため、どのようにしてSEOで集客数を稼ぐかがほぼ企業の生命線になっているケースも多いです。

スタートアップでは資金がないため工夫してSEOで集客力をあげることが企業課題であることが多いのですね。ちなみに、その次に来るのは集客したユーザーにいかに成約してもらうか?というUX面が大きくなってきます。

最近だとSXOと呼ばれるUX観点でSEOに効果があると言われています。直帰率や滞在時間などがそうですね。この辺りも理解していると最強なのではないでしょうか?

副業で求められる稼働目安とは

マーケターも他と違わず、最低でも週に10時間は稼働できないとWorkshipやホールハートでの副業は紹介してもらえない可能性が高いです。平日と土日で工夫して時間を確保しましょう。

副業のおいしいところは、経験値があるので比較的10時間も稼働せずに求められているアウトプットを出しやすいところになります。臆せず飛び込み毎月10万円を勝ち取りましょう。

WEBマーケター(マーケティング)が副業するメリットとデメリット

最後に、マーケターが副業するメリットを考えてみましょう。他の職種とあまり変わらないですが、マーケターの方がメリットが大きいと思います。

webマーケターが副業するメリット

マーケターの方がメリットが大きいと思う理由として、アフィリエイトにもろにスキルや経験値を活用できるというところがあります。アフィリエイトはほぼ集客をどれだけできるか勝負なところがあるためSEOのスキルや経験があるとかなり強いです。

他の職種だとなかなかSEOのスキルは持っていないため手探りになりますが、経験者であれば爆速で順位をあげられるんじゃないでしょうか。

webマーケターが副業するデメリット

デメリットですが、こちらもあまり変わらないです。労働所得になるため、時間を費やす必要があるというところくらいです。メリットにも書きましたが、マーケターはアフィリエイトで稼げる可能性が高いため、労働所得による副業を頑張りつつ、アフィリエイトにも挑戦すればいい感じに不労所得も溜まっていくと思います。

最悪、クライアントと相性が悪くても副業なので気軽に止められるという部分もあります。そのため気軽にまずは登録して面談までやってみるのが吉でしょう。

www.youtube.com

webマーケターは副業にとっても向いている

筆者個人的な意見として、webマーケターは副業にとても向いている職種だと思います。理由は大きく、①SEOがわかればアフィリエイトができる、②専門性がある、③需要しかない、の3つです。

webマーケターが副業に向く理由①アフィリエイトが出来る

1つ目は、もしあなたがSEOの知識があれば今すぐにでもブログを初めてアフィリエイトで不労所得を作れるでしょう。もちろん知識のあるあなただけに、どれだけの大変坂は知っていることでしょう。

しかし本業でほぼ給与が上がらない現在、副業でしかも不労所得を自らの力で出来る人は多くはいません。アフィリエイトは、トップクラスだと月に100万円稼ぐ人もいるような世界ですし、それが死ぬまで享受できることは素晴らしいスキルです。

死ぬまでにコツコツとアフィリエイトに取り組めば、老後は万全の不労所得体制を作れることでしょう。これはSEOに詳しいマーケターならではの特権です。

webマーケターが副業に向く理由②専門性がある

2つ目は、言わずもがな専門性が高いということです。今では、SEOなどは一般的な方法論が出回ってはいますが、あなた自身が本業で培ったスキルというものはなかなか得難いものです。

やはり本で読んだり、ネットで調べたスキルと本業で実際に検証しているスキルとでは雲泥の差があります。これもクライアントはわかっているので、副業として外注するわけですね。

webマーケターが副業に向く理由③需要しかない

ラストは、需要しかない、です。SEOは特にマーケティング系で強い需要があります。web系の会社で集客つまりwebマーケティング特にSEOに関心のない会社はないでしょう。

どの会社もコストをかけずに集客して売り上げをあげたいと思っているので、どの会社も多くは自社でブログなりコンテンツページを作成していますよね。なので、Googleが死なない限りは、いや死んだとしてもSEOの需要が消えることはないでしょう。

www.youtube.com

webマーケターが副業に向く理由④実績を作れる

webマーケターの仕事は基本的に数字で語れることが多いですよね。SEOなら検索順位、リスティングならCPA、SNSなどのデジタルマーケティングであればフォロワー数と全て数字で語れます。

これは実績になりますが、実績が語れると時給交渉もできますから副業収入において主導権を握りやすいです。実績を出せば、雇う側よりもあなたの方が立場が強くなれます。これによってさらに副業収入が上がるという好循環を作り出せます。

WEBマーケター(マーケティング)におすすめな副業3選まとめ

最後にまとめますが、IT人材で副業と相性がいいのはマーケターです。他でいうとエンジニアです。しかしエンジニアはアフィリエイトと相性がよくないため、やはりマーケターが最強だと思います。

もしあなたがマーケターであれば絶対に副業に取り組むことをお勧めします。Workshipでもホールハートでもアフィリエイトでもいいですが、明るい未来が約束されたようなものです。ぜひ頑張ってください。

コメント