副業したいプログラマー必読の稼ぐ方法を言語別で紹介!

プログラマー副業案件
プログラマー副業

こんにちは、今回は副業したいプログラマー必読の稼ぐ方法を言語別で紹介していきます。プログラマーが副業する場合は様々な稼ぐ方法があります。アフィリエイトやクラウドワークスのようなショットの案件サイト、長期契約の副業案件サイトなどです。

筆者は全てを経験しましたが、最も手堅く稼げるのはやはり長期契約の副業案件サイトでプログラマーの副業案件を獲得する方法です。なぜそうなのか?どうすればプログラマー向けの副業案件を獲得できるのか?どれくらい稼げるのかなどを紹介していきます。

プログラマーが副業するメリットとデメリット

まずプログラマーが副業するメリットとデメリットを話します。筆者は現役webディレクターとして副業で毎月10万円以上稼いでいますが、プログラマーの友人で同じように副業しているプログラマーから聞いた話なども含めて話します。まず、結論としてプログラマーが副業しないのは損でしかないです!!!会社で偉くなるより副業したほうが即効でかなり収入がアップします。また、デメリットも時間がとられるくらいです。

メリット

まずメリットをお話しします。プログラマーが副業するメリットは、副収入が責任少なくすぐ入ること、スキルアップが出来ること、人脈が出来ること、この3点かと思います。

副収入が責任少なくすぐに入る

まず副収入が責任少なくすぐに入ります。責任少なくというのがポイントですね。本業で月収を3万円上げるだけでも、かなり業務難易度も上がり業務量も増えると思いますが、副業の場合は本業と違うので責任もほぼないですし、案件難易度も低いことが多いです。

それでもたいていの副業案件であれば毎月10万円レベルで責任も少なく、ノーストレスで稼げます。10万円レベルで昇給しようと考えたら、相当な責任が伴いますよね。

スキルアップできる

またプログラマーが副業することでスキルアップも稼ぎながら行えます。これは本業とも一緒ですが、稼ぎながらスキルアップできるのでモチベーションも継続しやすいですよね。

スキルアップできると何がいいって、さらに稼げることです。プログラマーはスキルが測りやすいですから、スキルアップしてさらに副業や本業でプログラマーとして稼ぐ、この構造を作れればもはや勝ちです。

人脈が出来る

3つ目ですが地味に、人脈を獲得できることもメリットの1つです。ここでいう人脈は同じプログラマーの人脈もですし、人事や企業の営業の方全般ですね。人脈ができることで、さらなる副業案件紹介ももらえたり、転職などの時も役に立つでしょう。人脈は大いに越したことはありません。

デメリット

一方でプログラマーが副業するデメリットは何でしょうか?最終的には、プログラマーが副業する時の判断は、メリットがデメリットを上回る必要がありますのでしっかりと紹介します。とは言ってもプログラマーが副業するデメリットは時間が取られることくらいです。

時間は取られる

唯一と言ってもいいプログラマが副業するデメリットは、時間が取られるということくらいです。もはや本当にこれくらいしかデメリットがないです。副業はそもそも辞めることもすぐできますし本業ではないので、止めたところで何も困りません。

そのため、デメリットと言っても大したデメリットではないです。プログラマーの副業の場合は自分のスキルで稼ぎつつスキルアップができるのでこれくらいしかデメリットはないでしょう。

プログラマーの副業は副業サイトで案件獲得がおすすめな理由

また、ここではプログラマーの副業において副業サイトでの案件獲得をおすすめしているのですが、その理由についても触れたいと思います。幅広く考えると、プログラマーの副業の選択肢はクラウドワークスのようなショットの副業案件があるサイト、アフィリエイトのような自分で稼ぐ副業、最後に長期契約の副業案件を紹介している副業サイトの3つです。それぞれ理由を解説します。

クラウドワークスは単価が低い

まずクラウドワークスは単価が低いです。なぜかというと、クラウドワークスは個人が発注していることが多いのでそこまで単価が高くないことが挙げられます。また、長期ではなくその場その場の単発案件が多いため、稼ぎづらいということも挙げられます。

そのため、安定して長期的にプログラマーが副業する場合はおすすめできません。最初に慣れるためにプログラマーが副業としてやる分にはいいかもしれません。

アフィリエイトは人による

2つ目はアフィリエイトです。アフィリエイトは正直難しいですし、かなり人を選ぶと思います。プログラマでスキルがあれば時給4000円で副業で稼げる中で、アフィリエイトはうまくいく可能性も読めないですし、最初なんて時給100円もないです。

それくらいなら、着実に稼げる副業サイトの方がいいかと思います。

副業紹介サイトは安定して稼げる

一方で、副業紹介サイトは安定して稼げます。特にプログラマーなんて需要が高いですし、時給も高いのですぐにたくさん稼げます。そのため、プログラマーで稼ぎたい場合は副業紹介サイトがおすすめなのです。

筆者でさえwebディレクターとして毎月10万円以上なので、プログラマーなんてもっと稼げます。筆者もプログラミングスキルを身につけようか考えているこの頃です。

プログラマーが副業で稼ぐ流れ

では、プログラマーが副業で稼ぐ流れを紹介します。さっきの副業紹介サイトで稼ぐ流れですね。未経験からのスタートでも稼げるような流れを書いているので参考にしてみてください。まずは、プログラマーとしてスキルを身につける、副業紹介サイトに登録する、面談して副業案件を獲得する、そして機を見て時給交渉する、これです。

まずはスキルを付ける

まずはプログラマーとしてのスキルがないとすぐには副業案件を獲得はできません。そのため、まずはスキル優先です。未経験であれば当たり前ですが、どれだけのスキルが必要でしょうか?

目安でいうと、半年はプログラミングを学べばプログラマーとしてある程度副業案件を獲得できます。案件を選ばなければ全然いけるでしょう。スキルを身につけるためには、プログラミングスクールがおすすめですね。

副業紹介サイトに登録する

次に、副業紹介サイトに登録します。副業紹介サイトでは、プログラマーとしての経歴やキャリア、スキルがわかりやすく書いて登録すると案件紹介されやすいです。筆者の場合は、Workshipとプロの副業ホールハートに登録と面談を行い、それぞれ副業案件を獲得し毎月10万円以上稼いでいます。2社についての詳細な話も最後の方で書いていますよ。

面談を行い副業案件を獲得する

そしてクライアントと面談を行います。面談では、なぜ副業したいのか?プログラマーとしてのスキル、欲しい時給などを話し合います。普通は面談までできればだいたい受かります。ここまでくればもう来月には毎月10万円くらいプログラマーとして副収入を稼げています。

機をみて時給交渉する

あとは余談ですが、プログラマーとして副業でさらに稼ぎたい場合は、機を見て時給交渉しましょう。プログラマーは人気が高いので、クライアントも止められると困るため交渉にある程度応じてくれるでしょう。しかし、理由もなくアップは難しいので戦略を持って交渉しましょう。

プログラマー向けの稼げる副業エージェント

ということで、プログラマーとして稼ぐための副業獲得の流れを簡単に解説しました。ここからは、筆者が実際に現役webディレクターとして毎月10万円以上稼いでいる副業案件を紹介してくれた副業紹介サイトを紹介します。2社ありまして、1つはプロの副業ホールハート、そして2社目がWorkshipです。

プロの副業ホールハート

1社目は、プロの副業ホールハートです。ホールハートは、もともと転職を中心とした人材エージェントでしたが、時代の流れで副業ブームになりクライアントも副業でのコミットを求めるようになり、副業案件の紹介も始めています。

ホールハートは、古くからのクライアントも多いため、案件数が多いのが特徴ですね。また平均的な求められるスキルも高すぎないので誰にでもおすすめできますね。

Workship

2社目はWorkshipです。Workshipは、スキルが高めの人材向けの高単価案件が多いのが特徴です。時給相場はプログラマーで2500円程度ですが、Workshipの場合は4000円の時給の案件もあります。

プログラマーは特に需要が高いため、そういった案件が多くあるのが特徴ですね。スキルに自信があればぜひともWorkshipで案件を探してみましょう。

プログラミング言語別の副業方法

また、プログラマーと言ってもいろいろなプログラミング言語があるので、プログラミング言語別に副業で稼ぐという視点での違いを話したいと思います。紹介するのは、Swift、Java、Ruby on Rails、Pythonです。

Swift

まずSwiftですが、iOSアプリの開発で使用するプログラミング言語として有名ですね。Swiftは、その学習コストの低さから初心者でも扱いやすいですし、人気も高いのでプログラマーが副業案件で稼ぐために学ぶプログラミング言語としておすすめですね。

Java

次はJavaです。Javaも古くから人気がありますし、金融系や業務系システムでも多く扱われているので案件数には困らないと思います。そこが一番のメリットかと思いきや、androidアプリにも使えるのでかなりJavaはおすすめです。

Ruby on Rails

3つ目は、Ruby on Railsです。Ruby on Railsは、スタートアップで特に人気が高いプログラミング言語なので、副業で稼ぎたいプログラマーにもおすすめです。自分で起業する選択肢も視野に入るのでそういったことに関心があればなおのことおすすめですね。

Python

4つ目は、Pythonですね。Pythonは機械学習や、AI、統計解析など幅広く使うことができるプログラミング言語なので時給単価の高い案件が多いことも特徴的です。さらなるスキルアップと稼ぐモチベーションが高いプログラマーはぜひ学びましょう。

副業プログラマーのおすすめ働き方

また最後に筆者のTipsとして、どのような働き方が副業プログラマーにおいておすすめかを話します。キーワードは、在宅・リモート、コードレビュー的な副業内容、技術を学べる企業で副業の3つです。

在宅・リモート

1つ目は在宅またはリモートです。地味に副業で大変なのが通勤ですね。仕事自体は楽ですし、楽しいですがもしクライアント企業が本業の会社から通りところにあれば移動が大変です。

しかし、プログラマーの副業では在宅やリモートである程度稼げる案件もあるため、そういった案件を狙いに行くのもおすすめです。ただし案件数は減るかもしれません。

コードレビュー的な副業内容

2つ目は、自分自身がプログラマーとしてプログラミングしない副業案件です。つまり、コードレビュー的な副業内容ですね。多くのプログラマーを抱える企業では、コードレビューをするリーダー的なプログラマーが存在します。しかし、クライアントによってはコードレビューできるほどスキルが高いプログラマーがいない企業もあります。

そういった企業では、スキルの高いコードレビューのできるプログラマーを副業として求めています。これであれば、かなり効率的に稼げますし楽なのでおすすめです。

技術を学べる企業で副業

3つ目は、副業しつつ稼ぎつつスキルアップもして、さらに技術を学ぶことができる企業ですね。つまり、技術トレンドに乗っている企業や有名な技術を使っている企業ですね。モチベーションも上がりますし、さらに楽しいと思います。

副業したいプログラマー必読の稼ぐ方法まとめ

ということで、プログラマーで副業して稼ぎたい場合は、まずはスキルを身につけて副業紹介サイトで案件を獲得しましょう。それであなたの人生はさらにハッピーになるはずです。プログラマーで副業して稼がない場合は、年間で100万円も損することになりますよ。

コメント

  1. KB出版第二営業部戸谷 より:

    ブログ書籍化のご提案

    突然のメッセージ失礼致します。
    私、電子書籍の出版プロデュースを行なっているKB出版第二営業部の戸谷と申します。
    貴サイトを拝見し、是非書籍化をさせて頂きたいと思いご連絡致しました。

    電子書籍は印税収入はもちろん、集客効果やブランディング効果など様々なメリットがあります。
    ブログを運営されている方が電子書籍出版を並行して行えば、純粋に収益化を加速させるだけでなく記事内での訴求力向上も大幅に見込めます。

    我々が保有している電子書籍出版ノウハウを用いて、多方面からビジネス加速のお手伝いが出来れば良いなと思っております。
    以下、弊社が過去にプロデュースした書籍になります。

    https://www.amazon.co.jp/dp/B0102M3R2I
    https://www.amazon.co.jp/dp/B00H0F69QM
    https://www.amazon.co.jp/dp/B00IPZ4PG2

    費用についてですが、プロデュース・出版に関わる費用は一切頂きません。販売にかかる広告費等も弊社がご負担いたします。

    https://kbpb.medialinks.pw/
    (出版によるメリットや出版に際しての流れ等についてまとめているKB出版のHPです。)

    興味を持って頂けましたら、以下のメールアドレスにご連絡をお願い致します。契約内容等についてのご案内をさせて頂きます。
    また、HPは日々アップデートしておりますが、至らない点も多々あるかと思いますので、ご不明な点等ございましたら遠慮なくお申し付けください。

    よろしくお願い致します。

    KB出版第二営業部戸谷
    Mail:e-book02@medialinks-links.com