猫の抜け毛は凄い、掃除と対策はブラシが良い

今回は、猫の抜け毛が凄いと悩んでいる愛猫家向けに、抜け毛の理由や掃除の対策としてブラッシングを中心に解説していきます。筆者も8ヶ月くらいの子猫を飼い始めてからというもの、猫の抜け毛が想像以上にすごくてハウスダスト気味になり喘息っぽくなりました。それを乗り越えた掃除対策やブラッシングについて猫ともに解説したいと思います。

猫の抜け毛が凄い理由

猫好きなパンダ
猫好きなパンダ

内容を入力してください。

正直とてつもないですよね

猫の抜け毛は想像を絶するほど凄いです。気づくと抜け毛がすごくて服が猫の抜け毛だらけになりますし、もっとひどい場合はハウスダスト気味になり喘息のような症状が出てしまいます

季節によって毛の役割が変わる

猫の毛は、実はシングルコートという毛とダブルコートという毛の2種類存在してるみたいです。ダブルコートという毛は、役割的にはその名の通り2重構造になっていて防水や紫外線から皮膚を守るような役割があります。また、ダブルのしたの毛は、保温がその役割を担っています。

シングルコートは一方で、ダブルコートと近しい構造になっているものの、毛の長さも短く毛量も少ないのが特徴です。

猫の種類によって、抜ける量に差はあるものの、どの猫も一年中抜け毛します。初めて猫を室内で飼育すると、その抜け毛の量に愕然とすると思います。ダブルコートとシングルコートで抜ける毛の違いは、春と秋に大量に保温が役割の毛が抜けます。これがいわゆる換毛期という毛が生え変わる時期で、猫の飼い主にとって悩ましい時期になるわけです。

特定の箇所だけ抜け毛が多いと猫ちゃんは病気かも

先ほどの換毛期に当たる春や秋ではないのに、抜け毛が多かったり特定の箇所だけ抜け毛が多い猫ちゃんは、もしかしたら病気にかかっている可能性があります。

猫の顔周辺の抜け毛が多い場合は、ヒゼンダニ症、首から尻尾にかけての箇所だとノミやダニのアレルギーを疑うのが良さそうです。

もし愛猫ちゃんの特定の箇所だけ抜け毛が多いと感じる場合は、よく見てあげて場合に応じて動物病院に連れて行くことが肝要です。抜け毛以外にもストレスが多いと、顎の下に黒いつぶつぶができたりします。

猫だってストレスで抜け毛する

現代社会はストレス社会とも言われますが、人間社会に限らず猫社会にも同じことが言えます。猫の場合は、ストレスを感じていると多くの症状や行動でサインを出します。

例えば、ストレスが多かったり寂しい場合は、粗相を繰り返すことが増えますし、抜け毛だって多くなります。人間と一緒ですね。猫がストレスを感じるときに多いのは、引越しなど安定した住居がない時、飼い主とのスキンシップが少ない時、トイレが汚い時が挙げられます。

グルーミングという言葉がありますが、猫は自分を落ち着かせたり癒すために自分の毛を舐めることがあります。それがいわゆるグルーミングです。この時、ストレスが異常に多い時は、グルーミングが長時間になります。

そうなると特定の箇所をずっと舐めるので、その部分がだんだんとハゲてしまいます。猫の舌はザラザラしているので、毛もない状態だと皮膚まで傷つけてしまうので要注意です。こうなる前に動物病院に連れて行くか、ストレスの原因を取り除いてあげるのが猫の飼い主の役目です。

猫の抜け毛掃除対策はブラッシング

猫好きなパンダ
猫好きなパンダ

ブラッシングは、マッサージにもなるよね

私も癒されたいな

猫の抜け毛が気になる場合に有効な対策は、ブラッシングです。ブラッシングしていないと部屋がとても大変なことになります。絨毯も服も何もかも猫の抜け毛だらけになります。

そうなる前に、ブラッシングを丁寧に行い掃除と対策をしましょう。短毛種と長毛種ではおすすめのブラシが変わりまして、短毛種の猫であればゴムを使ったブラシ、長毛種の猫の場合はくしが長いブラシがおすすめです。

想像に容易いですが、そのままブラッシングすると猫の毛はとても軽いので部屋中に浮いてしまいます。そうなるとほぼ意味ないです。なので、ブラッシングする前に猫に霧吹きなどで水をかけましょう。

ブラッシングしないとハウスダストになる

猫好きなパンダ
猫好きなパンダ

咳が本当に止まらなくなるよ?

本当に抜け毛インパクトはすごいですよね

猫の抜け毛が多い理由と抜け毛の対策として、ブラッシングを解説しました。とはいえ、ブラッシングを日々丁寧に欠かさず行うのはそれなりに手間です。しかし、そのブラッシングを行わないとどのようになるかお話しします。

ブラッシングをしっかりしないと部屋中が猫の抜け毛だらけになり、目に見えないホコリもたまり、ただでさえ猫を室内で飼育している場合はダニやノミが増えているのでハウスダスト気味になります。

経験談ですが、猫を飼育し始めて1ヶ月で今まで経験したことのない喘息のような症状が出てしまいました。しかも、飼い猫も同じようにくしゃみばかりするようになりました。かなり危ない居住環境だと気づき、新しい掃除機と空気清浄機を購入したところ、咳も猫のくしゃみも収まりました。このようにならないようにブラッシングをこまめにしたいですね。

おすすめの猫の抜け毛対策

ちなみに我が家では、愛猫の抜け毛対策はブラッシングが中心になるもののもちろんそれだけではありません。最後に我が家で取り組んでいる猫を愛する愛猫家とその猫ちゃんのために猫の抜け毛と人間が仲良く暮らすための対策を紹介します。5つありまして、空気清浄機、掃除機、ブラッシング、毛がつきにくい洗剤、ランドリースポンジです。

空気清浄機

既にお持ちの愛猫家が多いかと思いますが、空気清浄機はめっちゃ猫の抜け毛対策に効果的です。猫の抜け毛を直接的に対策するものではないですが、やはり猫の抜け毛によって室内空間はホコリやダニが蔓延しています。

それに対抗するためには、空気清浄機が一番です。我が家も空気清浄機を導入してからというもの、猫のくしゃみも飼い主の咳も収まりました。1万円などで購入できる空気清浄機もありますが、猫やペットを飼育している場合のおすすめの空気清浄機は、サリールという空気清浄機です。

サリールは、医療用空気清浄機で特許も多く取得しており、病院などでも数多く使われています。もし予算的に合うのであればイチオシです。

[su_button url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3575GM+BOXHGY+2LM0+1BN3TU” target=”blank” background=”#42ef2d” size=”6″ wide=”yes” center=”yes” rel=”nofollow”]サリールを見る[/su_button]

掃除機

次はどのご家庭でも持っているであろう掃除機です。ただし、猫の抜け毛対策として考える場合は、吸引力がパワフルなものと布団やベッドにも使える布団クリーナー付きの掃除機を購入することを、猫の抜け毛対策観点ではおすすめしています。

我が家でも愛猫と一緒に夜は寝ていますが、どうしてもそうすると布団に猫の抜け毛がびっしりとついてしまいますし、避けられません。さらに、普段の生活による猫の抜け毛もバカになりませんので強力な掃除機をおすすめしています。我が家では、やはりダイソンを使用しています。

[su_button url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=358P1X+FMMNG2+3476+60WN6″ target=”blank” background=”#42ef2d” size=”6″ wide=”yes” center=”yes” rel=”nofollow”]ダイソン掃除機を見る[/su_button]

ブラッシング

そして最後が真打登場のブラッシングです。ブラッシングは、猫自体をブラシするものと絨毯やカーペットにブラシをかけられるものの2つ用意しましょう。猫のブラッシングは抜け毛の対策にもなりますし、それだけでなく猫のマッサージ効果もあるため飼い主と猫のスキンシップにもなります。

そうなると猫のストレスも減るので一石二鳥と言うわけです。猫によってブラシは相性がありますが、我が家ではゴムタイプのブラシを使用しています。おすすめの猫のブラシも後々紹介していきますね。ブラッシングを初めとするペット用品はアイリスがおすすめです。専門サイトで品揃えも豊富ですし、会員登録すると5%OFFになるなどお得なポイント満載です。

[su_button url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=358P1Y+7581E+CHG+TXGKX” target=”blank” background=”#42ef2d” size=”6″ wide=”yes” center=”yes” rel=”nofollow”]アイリスを見る[/su_button]

毛がつきにくい洗剤リモサボン

4つ目は、ここまで紹介した猫の抜け毛対策をしてもない抜け毛悩んでいる、あるいは女性の方で猫の抜け毛を衣服につけたくない!と強く願う猫の飼い主におすすめの対策です。リモサボンとは、猫の抜け毛が大切な衣服につきにくくなる洗剤です。

猫の抜け毛が衣服につきやすい原因は、静電気なのですが、リモサボンはその静電気の発生を抑える工夫がされています。また、猫やペットの匂いを抑える工夫もされているため衣服の匂い予防にも最適です。また自信があるためか、使用後返金保障制度もあり安心してお試しできるところも魅力です。

[su_button url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3575GM+AUKDMA+1KO+5YCWN6″ target=”blank” background=”#42ef2d” size=”6″ wide=”yes” center=”yes” rel=”nofollow”]リモサボンを見る[/su_button]

ランドリースポンジ

5つ目は、比較的手軽に導入できるランドリースポンジです。ランドリースポンジとは、衣服の表面についた猫の抜け毛を洗濯の時に絡みとってくれる洗濯機に入れるスポンジです。先ほどの洗剤と併用すれば完璧ですね。

また、使い方も洗濯機に入れるだけなのでとても簡単ですし、猫だけでなく犬にも使えます。価格も手頃なのでぜひお試しください。

[su_button url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZNE52+7N2A9E+2TQS+2T7WK2″ target=”blank” background=”#42ef2d” size=”6″ wide=”yes” center=”yes” rel=”nofollow”]ランドリースポンジを見る[/su_button]

猫の抜け毛掃除対策まとめ

ということで猫の抜け毛掃除対策をまとめます。結論として、猫と一緒に暮らす上では猫の毛から逃げることは出来ません。逃げようものなら、あなたに咳というプレゼントをくれるでしょう。

抜け毛対策には掃除機、空気清浄機、ブラッシング、洗剤、ランドリースポンジを導入すればそこまで室内が大変なことにはなりません。ぜひ猫の抜け毛で困っていればお試しくださいね。

最新情報をチェックしよう!

猫の抜け毛の最新記事8件