キャットフードはカリカリとウェットどっちがおすすめ?

キャットフード・猫の餌
猫の餌待ちの瞬間

キャットフード

猫好きなパンダ
猫好きなパンダ

今日はキャットフードのカリカリとウェット

についてお話しするよ!

よろしくお願いします!

キャットフードは猫の飼育を初めて始める場合は、ドライのカリカリかウェットがいのか判断に迷うと思います。飼い主としては、猫が喜んで食べる様子を見たいでしょうし、飽きるんじゃないかという不安もあるでしょう。まず、キャットフードのカリカリのドライとウェットとは何かから理解しましょう。

カリカリ(ドライ)

猫好きなパンダ
猫好きなパンダ

まずはカリカリから。カリカリはキャットフードの基本です。

カリカリは猫飼育初体験の強い味方ですよね!

まずキャットフードにおける、ドライタイプであるカリカリは、水分量が10%以下が目安となっています。カリカリのドライキャットフードは、 特徴として栄養が多く、保存にも適しているという特徴があります。また歯石になりにくいので、猫の口臭を抑える役割もあります。

ウェット

猫好きなパンダ
猫好きなパンダ

ウェットもたまには食べたいんだよな~。

ウェットは毎日は難しいけど、食べさせたい…

一方で、猫のキャットフードの2台巨頭である、カリカリのドライタイプとウェットタイプのウェットタイプの話に移ろうと思います。ウェットタイプは、その名の通り水分量が多く75%程度とされています。

食べ方としても豊富な食べ方があり、缶詰やレトルトなので様々な食べ方が出来るので猫も空きにくいです。ただ、ウェットタイプは価格が高いものが多いように感じますね。

ウェットタイプは、開封しなければよいですが一度開けてしまうと、人間の食事と一緒で保存が長期間には出来ません。

カリカリ(ドライ)キャットフードのメリットとデメリット

猫好きなパンダ
猫好きなパンダ

カリカリキャットフードのメリットと思い知れ!

(なんですか、その言い方は…)

カリカリのドライキャットフードとウェットキャットフードの概要を知れたところで、猫が飽きないように喜んで食べられるなど様々な観点から、カリカリドライキャットフードとウェットキャットフードのメリットとデメリットをお話しします。まずは、カリカリのドライキャットフードからです。

メリット

まずカリカリのドライキャットフードのメリットですが、箇条書きにすると

・値段が安いキャットフードが多い
・長期保存にも向いている
・触感としても堅めであり、顎の筋肉の衰えを防ぎやすい
・口の中にそのまま残らないので口臭が臭くならない
・ゴミに出す際に簡単で楽ちん

というようなメリットがあり、猫の飼育初体験としては非常におすすめできるのが、カリカリのドライキャットフードです。

デメリット

一方でカリカリのドライキャットフードのデメリットは、下記があげられます。

・小さい子猫や筋肉が衰えた老猫の場合だと、堅くて食べられない
・水分量が少ないので、個別に水を与える必要がある
・猫がグルメだと飽きやすい(こともある)

カリカリのドライキャットフードのデメリットはこんな感じです。特に注意したいのは、小さい子猫や老猫には堅くて厳しいというところかと思います。それ以外は、猫との相性しだいなのでまずはドライのカリカリキャットフードという選択も猫飼育初体験であればよいかと思います。

ウェットキャットフードのメリットとデメリット

猫好きなパンダ
猫好きなパンダ

ウェットも思い知れ!

読者が減りそうだわ

一方で、ウェットタイプのキャットフードのメリットとデメリットも解説したいと思います。ウェットタイプもカリカリのドライタイプと同じようにメリットとデメリットがあります。

メリット

まずウェットタイプのキャットフードからですが、同じように箇条書きで解説すると下記のようなメリットになるかと思います。

・美味しいので猫が喜んで食べる(その様子も見れる)
・水分も同時にとれる
・柔らかいし消化も早いので、小さい猫や老猫にも優しい

ウェットタイプのキャットフードのメリットはこんな感じです。特に猫が喜んで食べるというのがメリットです。飼い主も楽しめます。

デメリット

一方でウェットタイプのキャットフードのデメリットは、以下のようになります。猫の飼育初体験であれば、子猫の時や老猫の場合、特別な日などおやつ感覚やご褒美感覚が好ましいかもしれません。

・1食当たりの価格が高めになりやすい
・ウェットタイプは美味しいものが多いので、ドライタイプだと食べなくなるリスクがある
・歯に残りやすいので口臭や歯の病気になる場合がある
・ゴミが大変、くさい

飼い主的にはデメリットが多いのがウェットタイプのキャットフードです。

キャットフードの選び方

猫好きなパンダ
猫好きなパンダ

猫を大事に思うなら、ちゃんと選ぼう、キャットフード(川柳風)

ですよね!

キャットフードのカリカリドライタイプとウェットタイプのメリットとデメリットが理解できたところで今度は、キャットフードの選び方について解説します。大きくは猫の年齢を考えることと、基本的に固定すること、この2点が大事です。

猫の年齢

1つ目のキャットフードの選び方ですが、猫の年齢に合わせて選ぶことが大事です。大きくは、子猫、成猫、老猫です。子猫は1歳未満、成猫は1歳~8歳、老猫は8歳以上で考えてほしいと思います。

子猫の場合は、歯や顎の力が弱い場合が多いのでウェットタイプのキャットフードがおすすめになります。だんだんと噛む力が付くとドライタイプでも食べられるようになります。目安が1歳です。

1歳以降は成猫となり、なんでも好きなものを与えて大丈夫になりますが、8歳以降は段々と老猫の仲間入りなのでまた顎の力が弱くなればウェットタイプに切り替えることも考えたほうがよいです。

キャットフードは基本的に固定が前提

また、猫は変化を基本的に嫌うので、毎回キャットフードを変化させるのはあまり好ましくないです。場合によっては食べくなくなったりします。キャットフードを変える場合は、出来るだけ移行期間として混ぜながら徐々に新しいキャットフードの量を多くするようにすると猫に優しいです。

おすすめのキャットフード

猫好きなパンダ
猫好きなパンダ

さあ、我が家のおすすめのキャットフードを満を持して紹介します

猫飼育初体験もベテランも参考になるといいな

猫に与えるキャットフードは、猫との相性や年齢にも左右されますが、比較的定番の我が家のおすすめキャットフードをご紹介します。食べている様子もご覧いただけますよ~。

カリカリ(ドライ)

まずおすすめのカリカリのドライタイプのキャットフードからご紹介します。我が家では、値段と管理の手軽さ、そして栄養価というところを考えて、ピュリナワンというカリカリのキャットフードを採用しています。

「ピュリナ ワン グレインフリー」新製品紹介

ピュリナワンは、ネスレが出している猫本来の食事を楽しめるため、猫が喜んで食べるカリカリタイプのキャットフードです。年齢別にも展開されており、我が家では1歳用のキャットフードを上げています。ピュリナワンの詳細は、ピュリナワンの徹底レビューで紹介していますよ。

ウェット

次はウェットタイプです。ウェットタイプのキャットフードはたまにだけ上げています。毎日だと猫がウェットタイプしか食べなくなるリスクがあるため、たまにだけ我が家では上げています。

ウェットタイプの代表格は、猫缶ですね。猫缶は高いですしゴミ管理も手間ですが、猫は喜んで食べるのがいいところです。ウェットタイプとカリカリドライタイプの違いを詳細に知りたい場合は、カリカリドライとウェットタイプの違いとは?が便利です。

猫缶フレークがウマすぎて涙を浮かべる子猫w

まとめ

ということでキャットフードのドライタイプのカリカリかウェットタイプの違いやメリットとデメリットを解説しました。個人的には、ピュリナワンは定番ですし多くの猫に支持されていてそこまで高くないのでおすすめです。

ウェットタイプは高価であるものの、おやつやご褒美感覚で上げると、猫飼育の初体験としても楽しい飼育経験になると思います。

コメント