派遣SEの平均年収と収入を楽にアップする方法【毎月10万は楽勝】

派遣SEの平均年収相場と年収をアップする方法をお話しします。僕は現役のwebディレクターでSE年収に詳しいですが、派遣SEは年収がスキルに対して低いと思ってます。派遣SEの年収相場は、およそ400万円から500万円ですが、SEとしてのエンジニアリングスキルを活かしてすぐに700万円くらいは狙えると思います。

派遣SEの年収相場は400万〜500万

最近さっきのようなツイートをしましたが、派遣SEの年収相場はエンジニアリングスキルという価値の高いスキルの割に低いですよね。結論から言うと、派遣SEの年収相場は400万円から500万円の範囲内かなと思います。とはいえ、派遣には有期雇用と無期雇用がありそれぞれ分けて解説します。

有期雇用

派遣に置ける有期雇用とは、契約期間があらかじめ決まっており、基本的にその契約期間内で就業するパターンですね。いわゆる派遣はこちらに該当することが多いです。有期雇用の場合の派遣SEの年収相場は、限りなく400万円に近いかもしかしたらそれ以下の年収だと思います。

無期雇用

一方で無期雇用というのは、2015年の労働者派遣法の改正を機に、契約期間を気にせず派遣として働けるパターンですね。最近増えているように感じます。無期雇用の方が基本的に派遣SEの年収は高いですね。500万円に近いかと思います。とはいえ、基本的に派遣SEの平均年収というのは正社員SEの年収よりも低いんですよね。

正社員SEの年収

正社員の場合のSE年収はというと、大企業であれば新卒で500万円、30歳で800万円程度が平均的な年収ですね。小さい企業ですと、80%くらいなので新卒で400万円、30才で600万年くらいかと思います。

このように正社員SEの年収は派遣SEの年収よりも高いです。派遣SEのかたは、羨ましいなと思っていると思いますが、悲観的になる必要はありません。大事なのは、今世の中がどんな状況でSEの自分がどんな方法でもっと年収をあげられるのかを知ることですね。結論、SEやエンジニアは今めちゃくちゃ稼ぎやすくなってきています。

SEやエンジニアは今かなり稼ぎやすい

派遣SEやエンジニアは今かなり稼ぎやすくなっています。SEの単価も上がってきていますし、これは事実です。大きな理由として、IT市場がまだまだ伸びているということと、SEやエンジニアのようなプログラミングスキルのある人材が不足しているというのが大きな理由ですね。

IT市場が伸びている

まずIT市場が伸びていることはご存知でしょうか。基本的にマーケットが伸びれば自然と、その業界で働くエンジニアやSEも恩恵を受けて年収が上がるものです。それでいうと、IT市場がまだまだ伸びてますね。

というのも、国内でいうと決済サービスがかなり盛り上がっていて、ソフトバンクなど携帯キャリアだけでなく、LINEやリクルートのようなネット系企業が続々と参入していますよね。どこも大企業なのでガンガン投資が進んでいると思います。

また、グローバルで見てもGAFAというIT系の巨人がいますよね。グーグルやアマゾン、フェイスブック、アップルの略称ですけども、時価総額TOP10に入っている企業ばかりです。こういった背景から、まだまだIT市場は伸びていくのが確実です。

エンジニアやSEが不足する

一方で年収は需要と供給で決まるので、先ほどの話は需要の話ですね。では、供給はというとこれまたチャンスでして、エンジニアやSEは不足するという見立てが立っています。これは政府が2020年におよそ30万人ほどエンジニアやSEなどの人材が不足するという見立てを立てていまして、まあ美味しいですよ。

だって、需要に対して供給が追いつかないと、各社SEやエンジニアの取り合いになるので年収が上がるんですよね。これはもう事実として起きていますよ。

派遣SEが年収をあげる方法

では、IT市場の伸びに任せて派遣SEとしては黙って年収が上がるのを待てばいいかというとそうでもありません。派遣SEはいうてもエンジニアという価値の高いスキルを持ってるので、いくらでも年収をあげるチャンスと方法があり、それぞれメリットとデメリットを僕が解説します。

転職

まず転職ですね。転職はオーソドックスかつメジャーな年収アップの方法であるのは事実です。しかし安易に転職するのは危険です。というのも、転職先の職場がどういう職場かは不明ですし、ブラックかもしれません。

また基本的に高い年収になると、労働時間も長くなりますし、責任も重くなります。なので、個人的には転職というのは年収だけを目的にしてするものではないかなと思っています。

副業

個人的に派遣SEが年収をあげるためにおすすめなのは、副業ですね。特にエンジニアやSEには副業との親和性が高いです。今は副業解禁時代でして、僕も毎日のようにwebディレクターの副業で稼いでおり、年収の30%くらいになりそうです。今年は同額程度を目指しますけどね。

で、エンジニアや派遣SEに副業がおすすめなのは、スキルを活かして楽にリスクなく稼いて年収をあげられるからなんですよ。この後に紹介しますが、毎月10万円くらいは全然稼げますから、年収でいうと120万円くらいは超えますね。

また、楽というのは基本的に簡単な業務しかお願いされないので副業の場合は、スキルさえあれば仕事や案件を獲得できて、楽チンに稼げるんですね。これがかなり重要かなと思っています。エンジニアやSEの副業に関しては、IT系の土日副業まとめで詳細に解説しているので熟読必須です。

フリーランス

また派遣SEやエンジニアとして年収をあげつつも自由になりたい場合は、フリーランスになるという方法もありかと思っています。フリーランスの場合は、独立なのでスキルがないと仕事がないという状態になりますが、派遣SEとしてスキルを高めていれば、全然案件も見つかると思います。

フリーランスになる方法は、結構情報発信していて、IT/Web系のフリーランスの始め方で詳細に解説しています。フリーランスになれば1000万円も夢じゃないです。というか全然狙えます。

おすすめな派遣登録サイト

ではおすすめな副業エージェントなどを紹介する前に、そもそもあなたが派遣SEとしてまず仕事を探している場合であれば、ソフトウェアジョブズとテクノウェイブあたりがおすすめですね。

ソフトウェアジョブズ

ソフトウェアジョブズは、テスト工程やテスト設計に特化したエンジニア派遣案件を紹介してくれます。エンジニアリングに置けるテストは、とても重要で品質の高い製造物を納品する上では欠かせません。

いくらでもバグが出たとしても、バグを修正すれば言い訳なので重要なんですね。派遣SEとしては、働きやすい業務かと思いますし、スキルアップにもなるので、ここでの経験を活かしてさらに年収をジャンプアップするという目的でもおすすめです。

テクノウェイブ

またテクノウェイブもおすすめです。テクノウェイブは、テスト工程に特化した案件紹介サイトではなく、派遣SEやエンジニア全般の派遣紹介会社です。派遣会社というのは平均的に交通費が20%くらいしか出ないんですが、テクノウェイブでは100%支給されるので稼ぎやすく評判が高いです。

また、派遣SEは得てしてスキルが低い場合もあるんですけども、無料でオンラインでのプログラミング学習が可能なので、働きながらもエンジニアとして学ぶことが可能です。そうすれば、さらに年収をあげることが可能ですね。

おすすめな副業サイト

では、派遣SEなんだけどもっと年収あげたいよ、というエンジニア向けに副業やフリーランスになる方法を解説します。これらの中には僕が実際に副業案件を獲得して現在毎月10万円以上稼げているサイトもあるので、体験談も参考になるかと思います。

プロの副業ホールハート

派遣SEにおすすめな副業サイトの1つ目は、プロの副業ホールハートですね。ホールハートは、派遣SEが最初に気軽に副業するサイトとしておすすめですね。持久走ばは2500円と安定して高いですし、毎月10万円くらいの収入になります。

エンジニア案件が多いので、派遣SEであればすぐに案件を見つけて年収アップできると思いますよ。僕の体験談としては、プロの副業ホールハートの評判と体験談で解説しています。

Workship

また、Workshipも派遣SEが副業として稼ぐのにおすすめなエージェントですね。Workshipは、スキルが高めの人材向けではあるんですが、まあ派遣SEにもスキルが高いエンジニアがいるのは知っているので紹介しています。

時給相場も高くて3000円や3500円などいくらでもありますよ。Workshipの体験談は、Workshipの評判と体験談で解説しています。

midworks

midworksも派遣SEの年収アップに役立ちますね。まあフリーランスになりたいエンジニア向けな案件紹介サイトなんですが、フリーランスば分あってかなり年収は上がると思います。事例でいうと500万円から800万円などかなりの年収アップ事例があるのでそういう意味でも登録するとモチベーションになるかなと思いますね。

またmidworksは、正社員のような安定感とフリーランスの自由な働き方の両方が得られる案件を揃えているのがコンセプトなのでその点も魅力的です。

案件ナビ

案件ナビも派遣SEにおすすめなフリーランス狙いの案件紹介サイトですね。Javaに強いエージェントなので、Javaスキルがあれば俄然おすすめです。年収アップ事例も多いので年収をあげたい場合におすすめですね。

とりあえず登録しておけば、気が付いた時におすすめな案件を紹介してくれたりするのでとりあえず登録して損はないかと思います。

まとめ

派遣SEの年収相場と年収アップの方法を解説しました。今本当にSEやエンジニアに風が吹いていると思っていて、今稼ぐ方法を身につければずっと年収は上がっていくかと思いますね。今やらないでいつやるの?今でしょ!って感じです。はい。

最新情報をチェックしよう!