アパート経営に必要な資金とは?頭金ゼロでも可

アパート経営
アパート経営資金

アパート経営で必要な自己資金や頭金、融資でどれだけ借りられるかを解説します。不動産投資やアパート経営を始めたいけど、頭金がないという方もいますよね?筆者も同じです。自己資金がいくらあれば、アパート経営を始められるか一緒に勉強しましょう。アパート経営の利回りなどは、アパート経営は利回り良い!利回り概念も解説で詳細に解説しています。

アパート経営に必要な自己資金

では早速アパート経営に必要な自己資金はいくらぐらいなのか、そしてなぜなのかを見ていきましょう。アパート経営における自己資金について知識が欲しいという方は、自己資金としていくらくらいが必要なのか、自己資金として頭金ゼロでも始められるのかだと思うので、そこから解説していきます。

ベストは物件価格の10%以上

まずアパート経営においてだけでなく不動産投資全般において、ベストな目安は物件価格の10%が目安です。大半は物件価格の10%程度は自己資金として用意できるとベストかと思います。

その理由としては、自己資金が10%もあれば最終的に住宅ローンとして支払う金利分が、自己資金なしの頭金ゼロと比較してだいぶ安くなるためです。2019年で住宅ローンの金利はかなり安くなっていますが、それでも金利なので余分に支払う分になります。なので、できるだけ安く済むようにしたほうがいいに決まっているんですね。

頭金ゼロでも可能

またアパート経営を不動産投資として始めたい方の中には、貯金がないから自己資金なしつまり頭金ゼロでも始められるのかが気になる方がいるかと思います。結論、アパート経営は自己資金ゼロでも始められなくはないです。

ただ、その場合は金利が多目につくことが多いので、最終的な支払い金利が多くなることには留意が必要です。頭金ゼロでもトータルでいうと儲かる場合もあるにはありますが、注意としてはしたほうがいいです。

アパート経営に必要な自己資金とは

では次にアパート経営で必要な自己資金の詳細な項目を見ていきましょう。アパート経営に詳しくない方には、結構多いんだなと感じるかと思います。

不動産仲介手数料(中古アパートの場合)、住宅ローン事務手数料、住宅ローン保証料、火災保険料、印紙代、登録免許税、司法書士報酬、不動産取得税

これだけの項目がアパート経営において必要になる自己資金たちです。この中でも特に初心者でアパート経営を始める方で注意が必要となるのは、不動産所得税です。不動産所得税が何かは個別にお話しします。

不動産所得税に注意

不動産所得税には注意したいといいましたが、何かというと不動産物件を購入した後で市区町村から請求される税のことです。これがなかなかくせ者でして、アパート物件を購入してから1年程度たってから請求がきますので、忘れていると大変なことになります。どれくらい金額として必要になるかというと、およそ5%いかないくらいだと考えてください。

なので、例えば土地付きアパート物件を購入した場合は、固定資産評価が土地で1000万円、建物で1000万円だとしたら、それぞれ合わせて100万円程度になります。忘れいた場合は、少なくない金額なのでちゃんと用意しておくことが重要です。

アパート経営で自己資金なければ融資してもらえる

ここまで読んで、おいおいかなりアパート経営に必要な自己資金多いやん?頭金ゼロで始められないの?と思うでしょう。そういう方は実は多くて、自己資金がないつまり頭金ゼロでも始められるアパート経営もあります。

融資における金利

頭金ゼロ、自己資金がないアパート経営の始め方においては、住宅ローンで賄うということになりますが、その際は融資として金利がどうなるかは押さえておく必要があります。

結論として、自己資金がない頭金ゼロでアパート経営を始める場合は、いわゆるオーバーローンという形になるため通常よりも金利が高くなります。当然そうなると、アパート経営における収益性は落ちますね。

融資における条件

また頭金ゼロで住宅ローン融資を受けてアパート経営を始めたい場合は、どういう条件であれば融資を受けられるか、自分が当てはまるかも合わせてチェックする必要があります。

主に多いのは、年収、勤続年数、勤務先の会社規模、現状の借入額、この辺です。年収は500万円(額面で)は欲しいところですし、勤続年数も3年程度は欲しいです。あとは、できれば上場企業で借入額がない(現状でカーローンや住宅ローンがない)と頭金ゼロの自己資金なしでもアパート経営を始めるために住宅ローンを借りやすいです。

自己資金なし頭金ゼロでアパート経営始めたいなら

自己資金なし頭金ゼロでのアパート経営の始める際の注意点を解説しました。それでも不動産投資は始められますし、始めたい方もいることは事実です。なので、頭金ゼロ自己資金ゼロでも不動産としてマンション経営やアパート経営を始めるためのサービスが存在します。例えば、トラストでは頭金ゼロ(正確には10万円ですが)から始める不動産投資の無料セミナーを開催していますし、他にもKIAという会社も完全に自己資金ゼロの100%ローンで始める不動産投資で無料面談を開催しています。

まとめ

まとめですが、アパート経営を始めるにあたり自己資金はそれなりにかかることが普通です。不労所得はそうでもしないと出来上がりません。しかし、今後年金もどれだけもらえるか不透明ですし、少しでも安心できる老後を送りたいのであれば、今から資産となるアパート経営や不動産投資を少しでも勉強し始めた方が確実に良いです。

コメント