プログラミング副業サイトのおすすめ4選【毎月10万以上稼げる】

プログラミング副業案件のおすすめサイトはどこだろう?いくら稼げるかな?どんな仕事かな?そんな疑問に現役webディレクターとして毎月10万円以上稼いでいる筆者が解説します。エンジニアの採用面談を普段しているので、面談テクニックも解説しますよ。

プログラミング副業のおすすめサイト4選

プログラミング副業サイトのおすすめを早速紹介しましょう。めちゃ稼げますし、副業においてはどれだけ自分にフィットする副業案件を見つけられるか、そして時給の高い副業案件を見つけられるかが全てなので、複数登録するのがおすすめです。今回紹介するプログラミング副業サイトは、プロの副業ホールハート、workship、midworks、案件ナビです。

プロの副業ホールハート

プログラミング副業サイトの1つ目は、プロの副業ホールハートです。ホールハートは、もともと転職エージェントでしたので、古くからの付き合いのある案件が多いです。時代の流れで、副業ニーズが高まり副業案件も事業開始しています。

副業案件としてもプログラミング副業案件が多いサイトでもあります。後述しますが、平均的な副業の時給は2500円ですが、プログラミングは需要が高いので3000円以上も多くなるのが特徴的ですね。ホールハートは、筆者も案件獲得した経験があり、最後の方に体験談を解説しています。

workship

workshipもプログラミング副業サイトのおすすめの1つです。workshipは、ハイスキル人材向けがコンセプトなので、時給が高い傾向にあります。開発スキルの高いエンジニアやプログラマーですと、時給3500円からの副業案件が数多くあります。

workshipも、プログラミング案件が多いので開発スキルに自信があればぜひ応募すると稼げる人生がそこから開けてきます。workshipは、筆者も案件獲得した経験があり、最後の方に体験談を解説しています。

midworks

midworksもプログラミング副業サイトのおすすめであります。midworksは、フリーランス向けな案件が多いですが、案件によっては副業レベルの稼働で稼ぐことが可能です。midworksの特徴は、フリーランスのような自由な働き方と正社員のような安定感の両方を備えている案件が多いところですね。

また高単価案件が多いので、エンジニアやプログラマーを中心として年収がぐっと上がることができます。自信があればmidworksも登録するといいでしょう。

案件ナビ

プログラミング副業サイトにおいては、案件ナビもおすすめのサイトです。案件ナビもフリーランス向けな案件が多いですが、高単価な案件が多いのでワンチャン狙いで登録するといいでしょう。

案件ナビは、Javaに強いのでJavaの開発スキルに自信があればぜひとも登録するといいと思います。後々フリーランスも狙っているのであれば、忘れないうちに登録しておきましょう。

プログラミング副業サイトの仕事内容

プログラミング副業サイトで紹介してくれる副業案件の仕事内容を今度は解説していきます。せっかく貴重な時間をさいて副業するのですから、仕事内容も気になりますよね。大きくは、プログラミング、プログラミングレビュー、設計の3つです。

プログラミング

プログラミング副業サイトで紹介してくれる副業案件の多くの仕事内容は、プログラミングです。企業によって、ABテストの実装や、普通の開発案件などが仕事内容になります。

多くは、エンジニアやプログラマーの採用が困難なので副業として力を借りたい企業なので、小さめな仕事内容になることが多いです。そのため、開発スキルの高いエンジニアやプログラマーですと想定より早めに終わってお得に稼ぐことも可能です。

プログラミングレビュー

プログラミング副業サイトでは、プログラミングのレビューも仕事内容としてあることがあります。あんまり数は多くないですが、お得なのはこのプログラミングレビューの仕事内容です。

というのも、やはりレビューですから、そこまで負担もかからないですし、簡単に行えます。一方でレビューすること自体は開発スキルが高くないとできないですから、自信があればぜひこの仕事内容の副業案件に応募するといいと思います。

設計

設計もプログラミング副業サイトで見つけられる案件の仕事内容になりますね。設計も開発スキルが高くないと正しく設計できないですから、時給も高いですし効率的に稼げます。

ただ、設計の仕事内容もあんまり数は多くないので、設計だけして稼ぎたい場合は、複数のプログラミング副業サイトに登録するといいと思いますね。

プログラミング副業サイトで募集している職種

次にプログラミング副業サイトで募集している職種を簡単にお話しします。基本的には、プログラミングができるプログラマーやエンジニアなんですが、webデザイナーやwebディレクターも募集しています。

プログラマー・エンジニア

まずはプログラマーやエンジニアのようなプログラミングができる人材が、募集されていますし、最も必要とされています。知られてないこともありますが、プログラマーやエンジニアのようなIT人材は2020年で30万人も不足するという見立てもあります。

なので、優秀なプログラマーやエンジニアはすごく稼げる時代がこれからやってきます。自分を信じて開発スキルを高めて、年収を上げていきましょう。

webデザイナー

またwebデザイナーもプログラミング副業サイトで募集している職種の1つです。webデザイナーも需要が高いので、プログラミング副業サイトでも募集されていますし、案件も多いです。webデザイナーの副業に関しては、webデザイナー副業まとめでもっと詳細に解説しています。

webディレクター

webディレクターもプログラミング副業サイトで募集している職種の1つです。というのも、webディレクターはプログラマーやエンジニアからなることも多いので、webディレクターは親和性が高いんですね。

そのため、開発経験のあるwebディレクターが需要が高い傾向にありますね。webディレクターの場合は、webディレクター副業まとめで詳細に解説しています。

プログラミング副業サイトで多いプログラミング言語

プログラミング副業サイトで募集している仕事で使われるプログラミング言語を簡単に解説します。これは必然的に需要の高いプログラミング言語になるのですが、javaやpythonなどが多い印象ですね。

java

javaはかなり需要が高いのでプログラミング副業サイトで数多く見られます。javaは、オブジェクト思考ですし、androidアプリも作れるので需要がかなり高いですね。その分、案件も多いですし、時給も高いですね。javaの副業に関しては、java副業まとめで解説しいてます。

swift

swiftもプログラミング副業サイトで多い仕事です。swiftは、iOSアプリを作れますし、洗練されていて学習コストが少なくて済むので初心者からも学びやすいです。iOSアプリは人気も高いのでこちらも案件数が多く、時給が高いです。swiftに関しては、swift副業まとめで解説しています。

ruby on rails

ruby on railsもプログラミング副業サイトで人気の案件ですね。ruby on railsは、スタートアップやベンチャーで人気が高く、wantedlyが有名ですね。学びやすいので初心者にもおすすめできます。ruby on railsは、ruby on rails副業まとめで解説しています。

python

pythonもプログラミング副業サイトで数多く見かける仕事内容ですね。仕事内容も多岐にわたっています。というにも、pythonは機械学習も分析も統計解析もできるので、仕事内容も豊富です。またハイスキルなので時給もかなり高く4000円なども探せば見つかる時もありますね。pythonは、python副業まとめでもっと詳細に解説しています。

プログラミング副業サイトで稼げる副収入

さあ、プログラミング副業すごい稼げそう!と思いましたか?めっちゃ稼げますよ。筆者でも毎月10万円以上稼いでいますからね。さて、どれくらいプログラミング副業サイトで稼げるか解説しましょう。

時給2500円以上が相場で毎月10万円以上

結論、時給2500円以上が相場で副業ですと、毎月40時間の稼働がベーシックなので、毎月でいうと10万円稼げる計算になります。ただ、プログラミングはスキルレベルが様々ですので、もっと稼げる仕事もあると思います。

実際にそんなに稼げるの?と思った方もいると思いますが、最後の方に副業体験談も書いているので読んでみてください。

プログラミング副業するメリット

プログラミング副業良さそうと思った方へもっと他にもメリットがあるので、それをお伝えしたいと思います。プログラミング副業サイト経由で副業すると、プログラミングスキルが上がること、効率的に稼げること、これがメリットかなと思いますね。

プログラミングスキルが上がる

まずプログラミング副業なので、その分だけプログラミングスキルも上がります。これはかなりのメリットだと思いますね。実力のある開発スキルが高いプログラマーやエンジニアは調べなくてもすらすら実装できます。

そのためには、やはり経験値も必要になります。それでいうとやはり時間も重要ですが、本業以外にもプログラミングをすることでもっとスキルが上がるのがメリットですね。そうすれば、もっと時給の高い案件を取れることもありますし、キャリアアップにも目指せます。

効率的に稼げる

意外と知られてないと思いますが、プログラミング副業は効率的に稼げます。というのも、まずスキルが高いとすぐに終わりますし、見積もりもシビアじゃないこともありますし、クライアントもそこまで詳しくないこともあるので適当なこともあります。

これを本業で同じくらい稼ごうと思うと、そこまで稼げないですし、給料をあげるのもひと苦労じゃないですか?これがすぐ稼げる、これがプログラミング副業の魅力です。

プログラミング副業するデメリット

一方でプログラミング副業にデメリットがないというわけではありません。プログラミング副業すると、確定申告しないとならないですし、面倒です。筆者も今年初めて確定申告しましたが、マジで面倒です。2日無駄にしました。しかしこれをしてこそ副業で稼げるのです。

確定申告が面倒

確定申告では、面倒なんですが、節税すれば副業くらいでは納税額はたかだかしれています。まずデート代や飲食費は絶対に領収書をもらって経費計上しましょう。そして、家賃の30%を経費にしましょう。これだけで相当金額を経費にできます。これは使える知識です。デート代が経費になるなんて、キャバクラを経費で遊ぶみたいな感覚です。

副業体験談

筆者はホールハートと、workshipでもらった案件で副業をしています。実際に毎月10万円以上稼げています。その経緯や面談の様子などいろいろと書いているのでぜひ読んでもらえればと思います。ホールハートは、プロの副業ホールハートの体験談と評判workshipの体験談と評判まとめでそれぞれ解説しています。

プログラミング副業からフリーランスも目指せる

最後ですが、プログラミングスキルや開発スキルで副業ができれば、将来的にフリーランスプログラマやフリーランスエンジニアも目指せます。フリーランスは組織に所属しないので、不安定ではあるものの、めっちゃ稼げます。フリーランスの詳細は、IT/Web系のフリーランスの始め方で解説しています。

まとめ

では、最後なのでまとめに入りたいと思います。プログラミングができる場合は、絶対に副業しないと損ですね。かなり稼げるのがプログラミングです。また将来的になくなることのない職業なのでぜひトライしてみてほしいと思います。

最新情報をチェックしよう!