フリーランスwebデザイナーに未経験からでもなれる!年収アップ方法

webデザイナー
フリーランスwebデザイナー

webデザイナーでフリーランスになれるのか、仕事内容や年収など今どきのwebデザイナーフリーランス情報を、現役webディレクターとしてフリーランスwebデザイナをまとめている筆者がまとめました。またwebデザイナー未経験からフリーランスになれるまでの案件獲得方法なども解説していきます。結論、筆者はwebデザイナーはフリーランスになるべきだと考えていますし、スキルアップを積めばどんどん年収もアップできるのがフリーランスの強みだと考えています。

フリーランスwebデザイナーは誰でもなれる

結論、webデザイナーはフリーランスとして稼げますし、誰でもなれます。むしろ、社員として働く方が年収アップは難しいと思います。フリーランスに誰でもなれる理由としては、今どきでいうとweb系の会社はたくさん出てきていますし、市場も伸びています。

webデザイナーはweb系の企業ではどこの会社でも必要としているため、職種としてなくなりませんし、webデザイナーは企業としてもフリーランスや業務委託のような形で外注したくなる職種なのでフリーランスとしてなくなることは基本ないと思います。

また正社員だとなぜ年収アップが難しいと思うかというと、多くのweb系企業ではwebデザイナーはプロフィットをうむ職種ではないので基本的に出世が難しいです。出世するweb系の職種はプロダクトマネージャーや、ディレクター、マーケターが多いです。

仮にwebデザイナーしかいない企業であれば出世するのでは?と思うかしれませんが、基本的にwebデザイナーの仕事内容は労働集約的なのでマネジメント層に出世しても年収アップの幅は少ないのが実情かと思います。

なので、筆者はwebデザイナーはフリーランスになるべきだと考えていますが、今どきのwebデザイナーの仕事内容から見ていきましょう。

フリーランスwebデザイナーの今どきの仕事内容

では、フリーランスに多いwebデザイナーの今どきの仕事内容を見ていきます。筆者は現役webディレクターとして多くのフリーランスwebデザイナーを採用し、一緒に仕事をしていますが、概ねLP作成とバナー作成かと思います。各論では、ガイドライン作成などもありますがあまり少ないかと思います。

LP作成

LP作成というのは、ランディングページというユーザーが広告などをクリックして最初に訪れるページのことです。多くの企業では、そこから購入を促すので重要なページにあるためwebデザイナーに予約や購入が入りやすいLP作成を依頼することが多いです。

LP作成に関してはコツがあり、現役webディレクター目線でコツやテクニックを、LP作成で副業して毎月10万円稼げますでまとめています。

バナー作成

次にバナー作成も多いかと思います。バナーとは、広告におけるクリックをしてほしいバナーだったり、webサイト内の同じくクリックしてほしいバナーとして作られることが多いです。バナー作成もwebデザイナーのフリーランスの今どきの仕事内容の1つですね。

バナー作成に関してもコツやテクがあり、バナー作成で副業!で紹介しています。バナー作成もでwebデザイナーがフリーランスとして、年収アップできる仕事の1つですね。

フリーランスwebデザイナーの今どきの働き方

フリーランスwebデザイナーの今どきの仕事内容がわかったところで次は、今どきの働き方を見ていきましょう。webデザイナーはその職能ゆえか、女性が多いです。というか、女性しか見たことないです。そのため女性としての今どきの働き方が、フリーランスwebデザイナーに多い印象です。

在宅

1つ目は在宅ですね。フリーランスwebデザイナーはとても在宅が多い気がします。というのも、フリーランスになるきっかけとして出産や妊娠、子育てが大きく関係しているためです。

そうなると在宅でできるととても働きやすくなります。とても今どきな働き方です。webデザイナーは、在宅での仕事がしやすい職種なので在宅での働き方も可能ですよね。

週1・週3

またフルタイムではなく週1や週3のような働き方も、フリーランスwebデザイナーの今どきな働き方です。これは副業にも通じますが、規模の小さい会社だと正社員で雇用するのは難しいけどwebデザイナーに依頼したい仕事は多くあります。

その際に、双方の希望が満たせるのが週1や週3でのフリーランスwebデザイナー的な働き方です。仕事は必ずしも週5フルタイムである必要はないというのが今どきって感じです。

フリーランスwebデザイナーの平均年収

それでは具体的にwebデザイナーが会社員からフリーランスになると、どれくらい平均年収が増えるのでしょうか?それぞれ詳しく見ていきましょう。ちなみに、30代のwebデザイナーの平均年収は、30代webデザイナーの平均年収とは?で解説しています。

まずフリーランスの場合ですが、基本的に正社員からフリーランスになると年収は2〜3倍になります。このカラクリはというと、フリーランスや業務委託でwebデザイナーを雇っている会社はおよそあなたがもらう手取りの3倍程度を払っていると思ってください。

そのため、もし全く仲介会社なくフリーランスwebデザイナーとして案件獲得できれば、そのまま自分の懐に入ります。しかし、会社員であればなんやかんやと抜かれますから、手取りとしては減ります。しかし、退職金やら何やらはもらえるでしょう。

フリーランスwebデザイナーに未経験からなる方法

では、あなたがフリーランス未経験あるいはwebデザイナー未経験からフリーランスwebデザイナーになる方法を解説します。まず、webデザイナー未経験の場合は、webデザインの基礎を学ぶ必要があり、そこから副業などでポートフォリアと言う実績を作るとフリーランスwebデザイナーへの道が開かれます。

webデザインの基礎を学ぶ

まずwebデザイナー未経験の場合は、webデザインの基礎を学ぶことが必要です。webデザインの基礎とは、IA情報設計や色彩理論、そしてwebデザインツール全般の使用方法を学ぶことが必須です。

webデザインの基礎を学ぶには、本で独学することも可能ですが、正直モチベや学習不足になりがちなので厳しいかなと思います。webデザインの基礎を学ぶには、デジハリで未経験からwebデザイナーを目指すで詳しく解説しています。デジハリもwebデザインの基礎を学ぶのにオススメのwebデザインスクールです。

副業レベルで実績(ポートフォリオ)を作る

そして、webデザインの基礎を学んだ後はいきなりフリーランスになるに越したことはないですが、難しいかと思います。まずはポートフォリオという実績のようなものを副業がてら作ると良いと思います。

クラウドワークスでも案件ベースで募集がありますし、お金も報酬として稼げるのでぴったりです。オススメの副業は、フリーランスを見越してバナー作成やLP作成が良いですね。

エージェントに登録し案件を獲得する

そして、副業でポートフォリオと言う実績を携えてエージェントに登録します。ここから本格的なフリーランスwebデザイナーの道が開かれます。エージェントにも特徴があるので、良い案件を獲得するためにも複数登録することをオススメします。ここでは、プロの副業ホールハート、Workship、midworks、案件ナビがオススメです。

プロの副業ホールハート

1つ目のフリーランスwebデザイナーにオススメなエージェントは、プロの副業ホールハートです。ホールハートは、webデザイナーの案件が多いですし、昔からの付き合いのあるクライアントが多いので案件数も豊富です。

時給相場は、2500円で概ね毎月10万円くらいを副業で稼ぎたい方向けの案件が多い印象です。

Workship

2つ目のフリーランスwebデザイナーにオススメのエージェントは、Workshipです。Workshipは、スキルが高めのwebデザイナーにオススメでして、時給が高い案件が多いです。

後ほど解説しますが、コーディングなど付加価値の高いスキルを併せ持つwebデジアナーであれば時給3500円などの案件も多く存在します。ぜひ自信があれば登録してみてください。

midworks

3つ目のフリーランスwebデザイナーにオススメなエージェントは、midworksです。midworksは正社員とフリーランスのいいとこ取りを実現している珍しい案件を抱えているエージェントです。

例えば、正社員のように福利厚生とか長期雇用という安心感もありながら、フリーランスのように週3など自由に働くことが可能な案件を持っているのがコンセプトになっています。また、会社員からフリーランスになり大幅に年収アップを実現させた方々が多くいるのも魅力的です。

案件ナビ

最後は案件ナビです。案件ナビは、エンジニアや開発スキルのある方向けの案件が多いのですが、webデザイナー向けの案件もたまにあります。コーディングスキルのあるwebデザイナーだと大幅に年収アップが期待できます。

もしコーディングスキルがあればぜひ登録してみましょう。webサイトには、大幅に年収アップを実現したフリーランスの方々の体験談なども乗っています。

未経験からフリーランスwebデザイナーになるまでの必要期間

ところで、未経験からフリーランスwebデザイナーを目指す場合や、webデザイナー経験者でフリーランスを初めて挑戦する場合に、どれくらいの期間が必要になるかというと、前者であれば概ねミニマム1年、後者だと登録次第すぐにでもフリーランスwebデザイナーとして働くことが可能です。

仕事は豊富にどのエージェントも案件として抱えていますから、スキルさえ身につけばすぐにでも開始できるというのが実情ですね。

未経験からフリーランスwebデザイナーになるまでの投資金額

他には、未経験の場合にwebデザインの基礎を学ぶために、どの程度学習資金が必要かというと、webデザイナスクールの場合は30万円程度でしょうか?でも、在宅で働けたり週3など自由な働き方が魅力に感じるのであればスキルを身につける30万円と考えれば安いものです。

というのも、フリーランスwebデザイナーとして仕事を獲得できれば、1ヶ月でゆうに30万円は収入が入りますしすぐに回収可能です。スクールに通えば誰でも学べるスキルでもあるので検討してみてもいいと思いますね。

フリーランスwebデザイナーの年収をあげる方法はスキルアップ

ちなみにあなたが既にフリーランスwebデザイナーの場合に、どのようにしてさらに年収アップを実現できるかというと、付加価値の高いスキルを身につけるに越したことはありません。面白いように年収が上がると思います。

コーディング

1つはコーディングですね。コーディングでいうと、html/css/javascriptが、webデザイナーに求められると思います。どれもそこまで難しくないですから、勉強してみると良いと思います。

アートディレクション

2つ目は、アートディレクションです。アートディレクションというのは、半分ディレクションのような制作進行ができるとなお良いですね。大きな企業では、デザインガイドラインのようなルールブックの作成などもwebデザイナー中心に行っていたりします。

マネジメント

最後はマネジメントですね。大きなデザイン会社だったり、大手企業だとwebデザイナーが複数人いますので、メンバーをマネジメントしてチームとして成果を出せるスキルがあるとなお良いですね。

フリーランスwebデザイナーをオススメしない理由があるとしたら

もし、筆者がwebデザイナーの方へフリーランスになることをオススメしない可能性があるとしたら、出世のチャンスを捨てたくない場合かと思います。あるいは、キャリアチェンジとかですね。フリーランスになってから正社員に再就職するのは結構難しいので、そういう願望がまだ捨てきれないのであればまだフリーランスになるべきタイミングではないです。

とはいえ、フリーランスも基本的に30代が採用されやすいので、いつまでに判断するかは決めておく必要があります。

まとめ

では、フリーランスwebデザイナーになるための方法を解説してきました。あなたが未経験でも既にwebデザイナーであれ、フリーランスは稼げます。稼ぎたい場合は、フリーラスになるべく頑張って仕事を見つけましょう。

コメント