SEが副業で稼ぐ方法とおすすめ案件とは?【毎月10万以上稼げる】

SE
SE副業

SEが副業するための方法とどれくらい稼げるかを解説します。筆者はwebディレクターですが、副業で毎月10万円以上稼いでいます。SEは副業案件が多いですし単価も高い案件が多いので副業しないと絶対に損です。副業をすればフリーランス独立の道も現実的になるのでおすすめですよ。IT系全般の副業情報は、IT副業まとめも読むといいと思います。

SE副業で稼ぐ方法

SEが副業で稼ぐ方法を早速紹介します。あなたがSEであればすぐにでも副業で毎月10万円以上稼げます。SEが副業で稼ぐ方法としては、受注する、フリーランスになる、副業サイトに案件紹介してもらう、この3つです。

受注する

1つ目はSEとして受注するになります。これはSEとしてプログラミングスキルを打っていく中で個人として受注するという方法になります。個人で受注するので稼げる金額はあなたが決められますから、かなり稼げます。

ただし、SEとしてのスキルだとかあなたの知名度、人脈に依存するため最初のうちはあまり受注が難しい可能性が高いです。SEとして受注するためには、ブログでの発信や営業をかける、人脈を増やすなど様々な活動が必要になるため初心者には難しいかもしれないですね。

フリーランスになる

2つ目はSEとしてフリーランスになるという方法です。先ほどの受注する方法と近いですが、SEフリーランスの場合は個人で受注してもいいですし、あるいはSEフリーランス案件を紹介してくれるエージェントに登録して面談を行い高単価案件を紹介してもらうという方法がメインになりますね。

SEがフリーランスになって稼ぎたい場合は、IT/Web系のフリーランスの始め方を読むといいと思います。

副業サイトに案件紹介してもらう

ここまで紹介したSEの副業で稼ぐ方法は、割とハードルが高めの方法ですが、副業サイトに登録して案件紹介してもらうという方法は手軽ですし、本業と一緒に行えるので稼げなくなるというリスクも少ないです。

筆者もこの副業サイトに登録して本業と一緒に稼ぐという方法で、20代で1000万円の年収を超えることができました。SEであれば、プログラミングの需要が高いので時給も高いですし、サクッと高年収になることが可能です。なので、SEで副業初心者であればこの方法から始めるのがおすすめですね。

SE副業におすすめな案件紹介サイト

ではSEが副業するおすすめの案件紹介サイトを紹介します。この中では筆者が実際に副業案件を獲得して毎月10万円以上稼げているので、SEであればもっと簡単に稼げると思います。まずはどのようなサイトがあるのかから話しますね。

プロの副業ホールハート

1つ目のSE副業におすすめなサイトは、プロの副業ホールハートです。ホールハートは、もともとは転職を中心としたエージェントだったのですが、政府が副業解禁したように副業需要が増えたことから、副業案件も紹介を始めています。

いろいろな案件があるんですが、その中でもSEのようなプログラミングスキルのあるエンジニアやプログラマー向けの副業案件が多く時給も高いのでおすすめです。時給相場は2500円からでして概ね毎月10万円は稼げるかなと思いますね。ホールハートで筆者が面談を行い副業で稼ぐようになった体験談は、プロの副業ホールハートの体験談と評判で詳しく解説しています。

workship

2つ目は、workshipですね。workshipもSEであればかなり副業で稼げると思いますね。workshipはスキルが高めの人材向けの副業案件が多くフリーランスも多く登録しているエージェントですね。

workshipでは、SEやエンジニア、それからプログラマーのようなプログラミングができる人材向けの安価は高単価で募集されていますね。 SEの副業案件の場合は、3500円などの高い時給でも募集がありおすすめです。workshipでも筆者は案件獲得の経験があり、Workshipの体験談と評判も読むと良いかと思います。

midworks

midworksも筆者が注目しているSE向けの副業案件を多く紹介しているエージェントですね。midworksはフリーランス向けの案件が多かったりもするので、在宅副業とかは厳しいかもしれませんが、その分高単価案件が多いのでがっつり稼ぐことが可能です。

midworksはコンセプトも面白くて、フリーランスのような自由な働き方と正社員のような安定した仕事の両立といういいところ取りの案件が数多く用意されているところがおすすめですね。midworksについては、midworksで副業やフリーランスをする評判で解説しています。

案件ナビ

案件ナビもSEの副業でおすすめできるエージェントですね。案件ナビは、Javaが得意なエージェントなので、SEの中でもJavaが得意な方はぜひ登録をおすすめしますね。Javaは需要が高いですし求められるスキルも高いので、単価が高いのですが案件ナビではほぼ全員が年収アップに成功していて、稼ぐことにフォーカスされた案件が多いです。

Java以外にもwebデザイナーなども登録していると案件紹介をもらえることもできるので、登録は無料なのでひとまず登録だけしておくという方法もいいかもしれません。

SE副業で稼げる副収入は目安10万円以上

さてSE副業におすすめな案件紹介サイトを解説しましたが、いくら稼ぐことができるのか気になりますよね。結論、毎月10万円以上はSEであれば副業で稼ぐことは全然可能かなと思います。

筆者はwebディレクターですけども、毎月10万円以上稼げていますし、SEは基本的に需要が高いので時給相場ももっと高いでしょう。筆者の場合は2500円という平均的な時給ですが、SEだと3000円の案件もあるんじゃないかなと思いますね。

週で10時間くらいの稼働が平均的なので、これだけで毎月10万円に到達しますよね。これを正社員として収入アップを狙おうとするとかなり厳しいです。副業だからこそ、簡単に稼ぐことが可能なんですね。

SE副業の仕事内容

SE副業で稼げることは理解した!けどどんな仕事内容なのかね?と思う方向けに、SE副業の仕事内容を簡単に解説しましょう。王道はプログラミング開発の仕事内容ですね。

プログラミング開発

王道となるのはプログラミング開発の仕事内容になります。正社員でも、ほぼSEであれば何かの案件ベースにプログラミング開発をしていくことだと思いますが、それと同じイメージですね。

プログラミング開発と言っても副業なので、本業と同じような重めの案件がくるケースは少ないと思います。副業で契約した範囲内で完了することができるレベル感の仕事になると思います。

レビュー

レビューはSEの副業でかなり美味しい仕事内容になると思います。たまにスタートアップやベンチャーで、経験のあるスキルが高いSEが少ないので副業として経験のあるSEを採用してレビューだけお願いして品質管理を行うケースがあります。

レビューは確かにプログラミングの品質担保において大事なんですが、指導したりチェックすることが中心なので楽です。そのため、レビュー系のSE副業案件があるととてもおすすめですね。

設計

また設計という仕事内容もなくは内容です。SEの中では設計というと、コーダーよりも1段上のスキルとして上流の設計という仕事があると思います。設計も自分でゴリゴリとプログラミング開発するわけではないので楽っちゃ楽ですね。

SE副業に必要な開発レベル

SE副業は稼げそうだな、けど開発のスキルレベルとしてどれくらい必要なのかな?と思った方向けにSE副業で必要なスキルレベルを解説しましょう。開発スキルがないのに挑戦しても挫折するかもしれないですし、逆にすぐに始められるかもしれないですよね。副業での開発レベルを具体的に知りたい場合は、プログラミング副業レベル別始め方まとめを参考にするといいでしょう。

目安は開発経験2年は欲しい

目安としてはSEとしての開発経験は2年は欲しいと思います。なぜ2年かというと、2年もあれば社会人としての基礎もありますし、SEとしての基礎もあるかと思います。副業はあくまで本業と両立する必要があるので、こういった基礎スキルは大事です。

またSEとしての副業を行うのも、基礎レベルがあれば全然可能なレベルが多いです。なので目安としては2年は欲しいかなと思いますね。

スキル不足はスクールで学ぶのもおすすめ

一方で今の自分には難しいかもしれないなと思った方も多いことと思います。その場合は、開発スキルを身につけて副業できるようになるまで学べばいいだけです。こういうケースは、プログラミングスクールに通いながら徐々に開発スキルを身につけて徐々にSEとして副業を始めればいいと思いますね。目安では3ヶ月から6ヶ月も学習すれば副業可能なレベルにはなるかと思います。おすすめのプログラミングスクールは、コードキャンプの体験談を読むといいですよ。

SEが副業するとフリーランスも目指せる

SEが副業するとフリーランスへの道が見えてくるところも魅力です。正直SEであれば会社員として安定した職を持つよりも、手に職があるので独立してフリーランスになったほうが稼げます。

目安としては案件ナビやmidworksでフリーランス案件を取れれば、年収800万や1000万円を余裕で狙えると思います。責任も低めですしフリーランスは楽ですよね。一方で、安定した立場ではないのは事実ではあるので、いきなりフリーランスになるのはハードルが若干高いです。

そのために、まずはSEとして副業を初めて実績と経験を積めばフリーランスとして稼いでいくイメージもわくのかなと思います。そういう意味でもSEが副業するのはかなりおすすめなのです。

SE副業に多い開発言語

ではSE副業ではどんなプログラミング言語が需要高いのかな?自分は案件多いかな?というところを解説します。結論、java、ruby on rails、python、swiftあたりが多いかなという印象ですね。プログラミング副業まとめも読むといいかと思います。

java

javaはSE副業で圧倒的に案件が多く高単価なのでおすすめな開発言語ですね。javaがなぜここまで需要が高いのかというと理由が2つあって、1つは銀行やweb系の様々な業種で活用されている人気の高い開発言語だからということですね。

もう1つは、androidアプリを開発できるのでかなり人気があります。アプリはwebサービスにおいてもはや主流となっている手法です。アプリといえば、iOSかandroidのどちらかですし、googleがなくなることはもはやありえないので今後もずっとjavaの需要は高いでしょう。

swift

swiftも人気が高くてSEにおすすめな開発言語ですね。swiftといえば、iOSアプリですが、アップルさんのプラットフォームで作れるアプリです。swiftの場合は、プログラミング初心者やエンジニア初心者でも学びやすいというメリットがあるので大変おすすめですね。

自分でiOSアプリを作るというチャレンジもできるのがいいところかなと思いますね。ぜひswiftを使えるのなら副業を開始しましょう。

ruby on rails

ruby on railsもおすすめな開発言語で副業案件も多いです。rubyであれば、スタートアップやベンチャーに需要が高いため、案件で困ることは少ないでしょう。rubyでの副業時給は2500円が相場ですが、たまに高い案件もあるので地道に複数エージェントに登録して探すと稼げますね。

python

最後はpythonですね。pythonもいろいろなことができて、統計解析や人工知能を活用した開発が可能なので、とても需要があり時給も高いです。pythonが使えれば、副業で困ることはもはやないと思いますね。

pythonでの時給相場は他よりも高い印象でして、3000円からの副業案件も数多く見つけられると思います。

SEが副業するメリット

もうそろそろ終盤なのでSEが副業するメリットを解説していきます。単純に稼ぐことができるだけではないというところがポイントでして、筆者がSEに副業をおすすめする理由でもありますね。

開発スキルが上がる

開発スキルが上がりキャリアアップやフリーランスへの道が見えてくる、これが最大のSE副業の魅力だと思いますね。というのも、本業以外に開発を行う時間が増えるのでそれだけスキルアップになります。

また自分のSEとしてのスキルで副業を行うことで稼ぐ経験ができるので、フリーランスにいつかなりたいSEにとってはその礎になることでしょう。筆者も数年後に独立を目指していますが、今の副業経験は大きいです。

時給が高い

またSEは副業案件の中でも時給が高い職種です。他にはwebデザイナーやwebディレクターなどがありますが、プログラミングは本当に誰にでもできるスキルではないので時給が高いです。これもメリットでしかありません。

SEが副業するデメリット

一方でSE副業にデメリットがないわけではありません。1つ言えるのは筆者が実際に副業をしてみて、確定申告がここまでだるいとは思っていなかったというのがありますね。

確定申告は本当に面倒

確定申告は普通の会社員であれば縁がない世界の話なんですが、副業あるいはフリーランスになるとついてくる話であります。確定申告というのは、税金が抜かれていない所得で自分で申告して納税する活動をさしています。

ただ、面倒はあるものの、節税対策などをすれば結構納税を免れるので知識をつければ怖いものではありません。また1度行えば簡単になるので1回だけの面倒さでもあります。

SE副業は意外と楽?

またこれは大きい声では言えないですが、SE副業案件は意外と楽だと思います。というのも、筆者が行っている副業案件も想定労働時間の半分くらいで住んでいるので実質的な時給は5000円も超えていますし、SEの場合もクライアントに開発知識がない場合は結構楽にできるんじゃないかなと思ってます。

もし本業との両立が不安というSEの皆さんは、ひとまずやってみてから判断してもいいと思いますね。千載一遇のチャンスかもしれませんよ。

まとめ

ではまとめに入りたいと思います。SEとして開発スキルがあれば今すぐに副業案件を始めましょう。もしスキルがない場合は、プログラミングスクールに通いましょう。それだけですね。めっちゃ稼げるのは始めない理由がないです。

コメント