IT/Web系のフリーランスの始め方【採用担当が単価も暴露】

フリーランス
IT系web系フリーランス

IT系やWeb系のフリーランスの始め方やなり方を職種別に解説します。エンジニアだけでなく、ディレクターなど含めておすすめのエージェントやフリーランスになるために必要なスキルについても解説していきます。これでめっちゃ稼げるようになります。

IT/web系のフリーランスはめちゃ稼ぐことが可能

結論から言うと、IT系web系のフリーランスはめちゃ稼ぐことは可能です。ここではまず、IT系やweb系のフリーランスがどれだけ稼げるかを採用担当としてどれくらい稼ぐことが可能かを暴露したいと思います。

月単価100万超え多数

まずIT系web系のフリーランスは、単価100万超えるケースもぜんぜんあります。これは筆者が日々採用担当として単価を見ているので事例として事実です。

月単価100万稼ぐことが可能なIT系web系のフリーランスは、エンジニア、プログラマ、webディレクター、webマーケター、データ分析や統計解析スキルのあるITやweb人材が多いです。webデザイナーですと若干単価が下がり、70-80万のレンジが多いと思います。フリーランスになれば、これが毎月まるまる収入になります。

働きやすい

IT系やweb系のフリーランスは、働きやすいという部分も評価ポイントですね。フリーランスはたいてい責任もそこまで重くないですし、成長もそこまで求められず業務をしっかりできていれば良いのでストレスが少ないです。

また優秀なIT系やweb系のフリーランスは、少ない傾向になるので優秀なほど、自分が働きやすい職場環境を用意してもらえると思いますね。

リモートもある

IT系やweb系のフリーランスが働きやすいと言ういう意味では、リモートが最近のトレンドなように感じます。採用担当として感じるのは、エンジニアやプログラマはリモート希望のフリーランスが多く、そういった働き方も可能なことが多いので、まずは面談で希望を伝えるといいでしょう。

IT/Web系のフリーランスの職種

では、どんな職種がIT系やweb系のフリーランスに多いか、それぞれの特徴などを解説します。基本的にどの職種でも、フリーランスになる始め方は共通しているので、それについては後述します。

エンジニア・プログラマ

まずエンジニアやプログラマがIT系やweb系のフリーランスの代表例ですね。まさに王道といった感じで超稼げると思います。正直羨ましいです。そんなエンジニアやプログラマでは、java、swift、ruby on rails、pythonあたりが代表例です。

Java

IT系やweb系のフリーランスのエンジニアやプログラマの代表例は、javaですね。javaはそのセキュリティの高さやオブジェクト指向というプログラミング言語としての完成度から、web系やIT系だけでなく、銀行などでも取り入れられていますから、単価がとても高いです。javaのフリーランスや副業情報としては、Javaの在宅副業情報まとめも読むと良いと思います。

swift

swiftもIT系やweb系のフリーランスエンジニアやプログラマでは代表例ですね。swiftは、iOSアプリを作れますし、iOSアプリはとても需要が高いので、こちらもフリーランスエンジニアやプログラマとしてはとても稼ぐことが可能です。swiftに関しては、swift案件の副業情報まとめで詳細に解説しています。

ruby on rails

ruby on railsに関しても、IT系やweb系のフリーランスエンジニアやプログラマとしてとても稼ぐことが可能です。ruby on railsは、ベンチャーやスタートアップで採用されることが多いプログラミング言語でして、そういった小さい会社は正社員を雇うことが最初はできないので、フリーランスのような需要が高いですね。ruby on railsのフリーランスや副業は、ruby on railsの副業情報まとめで解説しています。

python

最後はpythonですね。pythonは、機械学習などの分析や、統計解析などもできるためスキルが高いフリーランスが多いです。なので、pythonのフリーランスは単価が高い傾向がありますね。pythonのフリーランスに関しては、pythonの副業まとめを読むともっと理解が進みます。

webディレクター

IT系やweb系のフリーランスで需要が高く単価も高いのは、webディレクターが次に多いかなと思います。特に、エンジニアリング経験があったり、ABテストのスキルがあるととても好まれます。強気な単価交渉ができると思いますね。ただ、フリーランスとしての案件が少ないかもしれないので、ちゃんと多めにエージェントに登録して案件を探すことが重要になります。webディレクターの情報は、フリーランスwebディレクターで年収バク増でも解説しています。

webデザイナー

webデザイナーも、IT系やweb系のフリーランスで需要が高いですね。案件も豊富でとてもやりやすいと思います。ただ、webデザイナーの場合は若干単価が下がるかもしれません。

ただ、IT系やweb系ではwebデザイナーの需要は本当に高いので、すぐに案件が見つかるのはメリットだと思いますね。webデザイナーの情報は、フリーランスwebデザイナーの稼ぎ方でも解説しています。

webマーケター

またwebマーケターもフリーランスとしてIT系やweb系では需要が高いですね。webマーケターのメインとなるスキルは、SEOと広告運用になるでしょう。どちらも必須の仕事なので、単価も高いですし需要も大きいです。特にSEOスキルは重宝されるのでぜひフリーランスで稼いでいってほしいです。webマーケターの情報は、webマーケター副業情報まとめでも解説しています。

データ分析・アナリスト・統計解析

データ分析やアナリスト、統計解析もフリーランスで稼げると思いますね。スキルが特別なものなので、単価も高いです。トレンドなIT系やweb系の会社では、こういった分析系のスキルを持つ人材は重宝されるので、フリーランスでとても稼げると思いますね。データ分析系は、データ分析・統計解析の副業まとめでも解説しています。

IT/web系フリーランスのなり方・始め方

では、IT系やweb系のフリーランスのなり方や始め方を解説します。大枠では、2stepでの始め方になりますが、すでに副業をしている場合は、いきなりエージェント登録していきなりフリーランスになってもいいと思います。

まずは副業レベルで稼ぐ

最初のIT系やweb系のフリーランスになるための始め方は、副業レベルから始めるといいのかなと思います。というのも、いきなりフリーランスになるのは結構ハードルが高い場合もありますし、不安もあると思います。

しかし副業であれば、本業も継続できるのでそこまでリスクも不安もありません。しかも、IT系やweb系での副業での稼ぎ方を身につければ、フリーランスになる時の経験にもなり役立ちます。

筆者の場合も実際にwebディレクターの副業を始めてみて、フリーランスで働いて稼ぐのもこんなものか余裕だなと思ったものです。その時の体験談もエージェントのおすすめ紹介のところで解説していますよ。

エージェントに登録して案件獲得する

でもって、副業で稼ぐことができれば個人のアピールにもなりますし、実績にもなり自信になります。そしたら、その実績を提げてフリーランスになるだけです。

フリーランスになる場合は、自分で案件獲得するのも良いですが、正直なかなか案件獲得するのは困難だと思います。また、営業仲介がいないとなんだかんだで面倒なことも多いです。

そのため、おすすめなのはフリーランス案件を紹介してくれるエージェントに登録する方法になります。エージェントを活用すれば、良い案件も紹介してくれますし、トラブルやなんやかんやも解消してくれることが多いですね。またIT企業やweb企業によっては、仲介会社つまりエージェントを経由しない場合は採用できないルールのある会社もありますね。

IT/Web系のフリーランスおすすめエージェント

では、おすすめのIT系やweb系のフリーランス案件を紹介してくれるエージェントを紹介します。これらのフリーランスエージェントは、うち2つは実際に筆者がエージェント経由で案件を紹介してくれたエージェントになります。

プロの副業ホールハート

まず副業レベルから始めてIT系やweb系のフリーランスを目指したい場合は、プロの副業ホールハートがおすすめですね。公式サイトはこちらです。

プロの副業ホールハートでは、昔からの付き合いのあるクライアントが多く、案件も豊富です。というのも、もともと転職エージェントだったので案件数が多いんですね。

時給相場も高めで2500円からになるため、スキルがあればもっと稼ぐことが可能です。フリーランスへの一歩としてはおすすめですね。プロの副業ホールハートは、筆者も案件獲得したエージェントでしてその体験談は、プロの副業ホールハートの評判と体験談で赤裸々に解説しています。

Workship

また副業レベルでもフリーランスとしても、本格的に稼ぐことができるのはWorkshipです。Workshipは、ハイスキルな人材をターゲットにしていて、とても時給が高いです。

エンジニアなどでは時給3500円相当からの案件もあります。フリーランスであればもっと稼げるでしょう。Workshipでも筆者は案件獲得していて、workshipはフリーランスにおすすめ評判まとめでも解説しています。

midworks

IT系やweb系のフリーランスとして完全にやっていきたい場合は、midworksが一番のおすすめです。midworksは、フリーランスと副業のいいところ取りをしている会社でして、フリーランスのような自由な働き方と正社員のような安定感のある案件が多いです。

midworksは単価も高く、年収800万円以上を狙えます。スキルがあれば正直もっと稼げるでしょう。なお、midworksは筆者は案件獲得してないです。本格的なフリーランスなのでね。

IT系やweb系のフリーランス案件を獲得しやすいスキル

では、IT系やweb系でフリーランス案件を獲得しやすいスキルは何かを解説します。これを知れば面談でのアピールにもなると思いますので、ぜひスキルを獲得できれば良いと思います。

プログラミング

まずIT系やweb系のフリーランス案件で需要が多いのは、プログラミングスキルです。エンジニアやプログラマであれば、プログラミングスキルは必須です。

また、単価の高い案件ですと、設計やマネジメントもできるとなお良いかと思いますね。プログラミングに関しては、プログラミング副業レベル別始め方も読むといいと思います。

ABテスト・webディレクション

ABテストやwebディレクションも正直フリーランスで需要の高いスキルです。IT系やweb系の会社ですと、CVR向上したい会社が多いので、ABテストだとかwebディレクションのようなスキルを持つフリーランスの需要が高い傾向にあります。

SEO・広告運用

SEOや広告運用もとても需要が高いスキルです。SEOや広告運用もIT系やweb系では集客が大事なので、必ず需要があります。また、売上に直結するのでとても単価も高い案件が多いですね。

webデザイン

またwebデザインに関しても需要の高いスキルの1つです。webデザイナーであれば、必ず保有していくべきです。イラストレータやスケッチを疲ればだいたい大丈夫かと思います。

フリーランス案件獲得のための面談のコツ

最後にIT系やweb系のフリーランス案件を獲得するための面談のコツを最後に解説します。いくら実力があっても面談下手だとどうしても案件獲得ができずフリーランスとしても始められないです。

強み

まず面談では強みを必ずいいましょう。フリーランス採用では、どういった活用ができるかを採用側は考えているので、どんスキルがあるのか、何が得意なのかを伝えないと採用されるものも採用されません。

コミュニケーション

また面談では、コミュニケーションもかなり大事です。コミュニケーションでは、相手の質問の意図を考えて回答することが大事です。結構採用面談していて、そういったことができてないフリーランス希望者が多いです。

質問する

また面談の最後には、必ず質問の時間が取られます。事前にそういった質問をするかを考えておきましょう。質問をすることで、関心があるなと思わせることが大事ですね。

まとめ

まとめですが、IT系やweb系のフリーランスではすごい稼ぐことが可能です。特に多いのはエンジニアやwebデザイナーあたりですね。フリーランスになって個人として稼ぐ経験ができると独立もできますから、ぜひチャンレンジして欲しいなと思います。

コメント